読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

6月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は6月18日10時より行います。テーマは「悔いを残さないお別れ」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

来月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は6月18日(日曜)に行います。

今日は(あ、もう夜中を過ぎたので昨日ですね)、5月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行いました。40名近くの方がおいで下さり、仏舎利の歴史や信仰についてお話しさせていただきました。名古屋へ赴任して3年以上になりましたが、仏舎利を祀っている日泰…

5月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」のお知らせと慈雲寺へのアクセス

5月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は5月28日(日曜)10時より行います。 テーマは「仏舎利とその信仰」です。仏舎利とは、お釈迦様のご遺骨のことです。お釈迦様が亡くなられた後、その御遺骨は細かく分骨され、さまざまな場所に運ばれました。仏舎利を祀…

父を看取る

しばらく、このブログを更新していなかったので、「体調でも悪いのですか?」というメールを友人からいただきました。御心配をおかけしてすみません。 実は、先週、父が亡くなりました。入院していたのは2週間ほどで、ほぼ最後まで意識があり、私たちの声も…

生きる目的は思いやり - 利他という生き方

今日のお釈迦さまのお言葉 善いことをした人は、この世で喜び 来世で喜び 二つの世で喜ぶ 自分の行いの清らかなことを見て 彼は喜び 彼は楽しむ (法句経より) ダライラマ猊下の本を読んでいると、しばしば出てくるのが「思いやり」という言葉です。猊下は…

突然の御喜捨に動揺してしまいました・・・恥ずかしい・・・

五月になりました。気持ちの良い初夏の風! 昨日は岐阜の立政寺という格式の高いお寺に説教師としてお招きいただきました。布教をさせていただくのは、僧侶の修行。どのお寺に呼んでいただいても、同じようにありがたいことです。でも・・・やはり、なんだか…

安易な道を選んだら山道を10キロあるくことに!

昨日、一昨日と吉野へ行ってきました。金峯山寺の蔵王権現さまの特別御開帳を拝みにでかけたのです。予想をはるかに超える迫力。まさに「憤怒」という言葉がそのまま巨大化したようなお姿です。お釈迦様がこんなお姿に変化して私たちの苦しみを蹴散らしてく…

慈雲寺で「仏舎利」が発見されました!!

先日、弘法大師様の御正当だったので、お大師様の御像のお身拭いをさせていただきました。お像を壇からおろし、お参りの方々と御一緒に御像を磨いたのです。すると!とても不思議なことが起きました。 お大師様をお祀りしていた壇の後ろから高さ5センチほど…

4月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は23日10時より。テーマは「仏教の教える‟生きがい”について考える」です。

今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、仏教が人の‟生きがい”や生きる目的というものをどう教えているのかを改めて学んでみましょう。 私たちは、長い間、輪廻を繰り返し、今、ようやく人間に生まれました。この稀有の機会をどう生かしていくのか、また、…

如実知自心 -弘法大師のお言葉ー

今日は弘法大師の御正当日(旧暦の3月21日)でした。昨年から、御正当日には慈雲寺にお祀りしてあるお大師さまの御像を床に降ろし、参拝の方々にお身拭いをしていただいています。 今日も10名ほどの方がお参りに来てくださり、さまざまな思いを込めてお身拭…

4月17日に弘法大師さまのお身拭いをいたします。

旧暦の3月21日は弘法大師さまの御正当です。太陽暦でいうと、今年は4月の17日にあたります。慈雲寺には、不思議なご縁でお大師様のお像が祀られています。 慈雲寺は今は名古屋市の南端に位置していますが、もともとは知多郡。知多半島のいわば付け根にあるの…

一日に六度の読経が本来の僧侶の暮らし

一年前の4月14日の夜、9時26分、熊本大震災の最初の大規模な地震が起きました。昨夜、この震災で犠牲になった方々のために、9時を過ぎてから読経を始めました。一人で夜が更けてから読経するのは久しぶりでしたが、犠牲者の方々や残された家族の方々の哀しみ…

熊本大地震の犠牲者を悼んで、今夜(14日21時15分より)、慰霊法要をいたします。

熊本を中心とした大規模な地震が発生してから一年がたちました。建物の倒壊から、地震に起因する豪雨災害まで、250人を超える方々が命を失い、今も4万7000人以上の方々が避難生活を余儀なくされていると今朝の新聞は伝えています。 あの美しい熊本城は、今も…

4月17日に弘法大師さまのお身拭いをいたします。

旧暦の3月21日は弘法大師様の御正当日です。普通に言えば祥月命日ということなのですが、弘法大師はお亡くなりになったのではなく、今も高野山の奥の院で、深い禅定(瞑想)に入られたまま生きておられると信じられていますので、「命日」というのは正しい表…

4月の満月は11日です。写経の会を催します。どなたでもお気軽にご参加ください。

4月の満月は11日の火曜日です。 天気予報では曇りのようで少し心配ですが、写経の会は予定通り行います。 必要な用具は全て揃えてありますで、お気軽にご参加ください。 19時半より、『般若心経』をみんなで読誦します。その後、お経の内容について少しずつ…

大人だけで祝う花まつりもなかなか良いものでした。

今日はお釈迦様がお生まれになった日、誕生会(たんじょうえ)の日です。ようやく、小さな赤ちゃんの釈迦像が見つかったので、慈雲寺でも花まつりの行事を再開することにしました。 今、慈雲寺にホームスティしているカナダ人の友人がお御堂の花飾りを作って…

4月8日は花まつりです。お子様向けのお菓子を用意しました。

4月8日はお釈迦様のお誕生を祝う花まつりです。 慈雲寺でも小さな赤ちゃんのお釈迦様がおられますので、花のお堂を用意します。 甘茶をかけて、お子様方の健康と幸せをお祈りしましょう。 8日は10時から短い法要をいたしますが、甘茶掛けは一日中、いつでも…

阿弥陀経を現代語訳で読誦してみる

「お坊さんがお経を読むのを聴いていても眠くなるだけ」と笑いながらおっしゃる方がいました。確かに、中国語の経典を漢音や呉音の発音で読むのですから、なかなか意味をとるのは難しいでしょう。 しかし、ほとんどのお経は、とても興味深いストーリーが語ら…

喪服は亡くなった方への敬意の表現

私はカナダの西海岸の町で40年近く過ごしました。カナダは移民の国。世界各地からさまざまな慣習が持ち込まれています。ですから、一概に「カナダでは」という言い方をするのは、一般化しすぎてしまう危険があります。でも、今日はちょっと「カナダでは」の…

趣味を一緒に楽しんだ友に送られて

Fさんの通夜、葬儀に参列して、京都から戻ってきました。今日は空が青くて、日差しの温かな一日だったのですが、私は一日中ぼんやりと過ごしていました。 葬儀は盛大で参列者も予想を大きく上回っていたようで、葬儀場のスタッフはかなり慌てているように見…

恩人を見送りに京都へ

昨日、本山から連絡があって、私が本山で小坊主として修行していた時代の恩人が亡くなられたことを知りました。 慈雲寺の属する浄土宗西山派(西山浄土宗)の総本山は京都府の長岡京市にあります。僧侶になるためには、最低一年、この本山の中にある学校で、…

4月の行事のお知らせ

◎㋃の慈雲寺の行事予定 ㋃はお釈迦様の誕生を祝う降誕会をはじめ、弘法大師の御正当など、さまざまな行事があります。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。 1) 4月8日10時より 花まつり (お釈迦様の降誕会)仏教の教えを開かれたお釈…

3月26日の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」のテーマは「散骨の時代に改めて寺縁墓を考える」です。

3月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は3月26日10時より行います。 テーマは、お墓について改めて考えてみましょう。御遺骨の埋葬法については、最近、さまざまな変化が起きています。伝統的な寺院や霊園の墓地だけでなく、納骨堂、合祀墓、そして散骨まで、…

「テロ」と「非国民」・・・一刀両断の言葉の危険性

昨日からテレビは籠池氏の証人喚問のことばかり・・・この問題は日本の民主主義の根幹にかかわる問題ですから、注目を浴びるのは当然です。「百万円」が事実かどうかはもちろんですが、この点に矮小化するのではなく、政治家と官僚の結びつき、「口利き」な…

3月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は3月26日(10時より)に行います。テーマはお寺をご縁にした”寺縁墓”についてです。

遺骨を自分の家のお墓に祀り、子孫が大切に護っていく・・・日本人の遺骨やお墓に対する思いは、この10年あまり大きく変化してきました。納骨堂、合祀墓、樹木葬、そして海などへの散骨・・・さらには骨仏、骨の一部を粉末にして樹脂で固めて「記念プレート…

お彼岸のお説教に“阿鼻叫喚”の京都へ

お彼岸はどこの寺院にとっても忙しいとき。お墓にお参りにいらした方々が庫裏に立ち寄って下さったり、いつも静かな慈雲寺も雰囲気が少し変わります。 さて、今年はこのお彼岸の期間中、京都のお寺で彼岸法要のお説教に呼んでいただきました。私は慈雲寺の「…

お彼岸中、「當麻曼荼羅」の御開帳を続けます。ルーペも使ってください!

彼岸明けの23日まで、本堂内で「當麻曼荼羅」の御開帳をしています。 この曼荼羅は、『観無量寿経』というお経に描かれた極楽の様子が細かい筆致で描かれています。「彼岸」とは現世(此岸)の対岸にある極楽のことですから、お彼岸の間に極楽の様子に親しん…

「當麻曼荼羅」御開帳のお知らせ

朝から美しい青空!ご近所のお花屋さんに頼んでおいた仏花を受け取りに行きました。お彼岸のために境内のお墓や宝塔、本堂内のお花を替えるのです。 お花の活け替えは、いつでもとても楽しい。青空の下で、ちょっと温かな日差しの日ならなおさらです。 さて…

明日は先代住職の祥月命日です。

明日、3月15日は、慈雲寺の先代、凖眞上人の祥月命日です。この日は、私にとっても人生の大きな転機になった日です。3年前、私はカナダの自宅で次の取材の準備をしていました。その時、日本からの電話・・・凖眞上人が御遷化されたという知らせでした。その…

臓器移植について考えました。

白内障の手術を受けました。右目がかなり進行していて、左目はまだもう少し持ちそうな感じだったのですが、「入院するつもりなら、両目手術してはどうですか?」と先生からアドバイスをいただいて決意しました。 私は臓器移植には賛成で、自分が死亡したとき…

ごめんなさい!満月写経の日を間違えていました!!

ごめんなさい!入院ですっかりぼんやりしてしまったせいか、満月写経の日を明日だと勘違いしていました。 「今日はお月様がきれいねえ・・・明日が楽しみ」なんて思いながら食事に出かけてしまいました。 無駄足をさせてしまった方々、本当に申し訳ありませ…

東日本大震災の犠牲者を悼む

毎週の土曜、日曜の朝7時半から、本堂で英会話の会をしています。「英会話教室」と言えるほどカリキュラムがしっかりしているのではなく、「英語に親しむ」ぐらいな気持ちです。 小学校へ入学前の可愛らしいお子さんから、70代のシニアまで、いろいろな方が…

白内障の手術入院にはラジオが必携だった!

5日ほど更新できませんでした。実は、白内障の手術を受けるため入院していました。ワープロの時代も入れると35年以上、これほど長い間、パソコンに触れなかったのは初めて!目の手術ですから、本も読めないし、今まで経験したことのない時間の流れ方でした。…

3月10日までブログ更新をお休みします。

少々事情があって、しばらくパソコンに近づけません・・・なんて書くと、何か深い事情のようですが、そんなことはありません。 10日には更新を再開できると思いますので、またぜひお訪ね下さいませ。 ☆お知らせ 3月の満月写経の会は12日です。満月の光を浴び…

「愛国」も「信仰」も声高に語る人は信用できないなぁ・・・

和歌山にお説教に行かせていただいている間は、テレビも見なかったし、新聞を読む余裕もありませんでした。本当はお説教師は、最新のニュースにしっかり注意を払い、参拝においでになる方が何に関心を持っているか配慮してお説教を組み立てるべきなのですが…

「起こしもの」で春が来た!

昨年に続き、「起こしもの」をお供えに来て下さった方がいます。 ご近所のパン屋さんに「パン屋のおこしもの」と書かれた御餅のようなものが並べられていたときは、「何だろう?」と興味津々。 ネットで検索してみたら、どうやら愛知県独自の桃の節句のお供…

月初めは、月参りで始まる。

慈雲寺の先代様は毎日スクーターに乗って月参りに飛び回っていたそうです。私は電動自転車でゆっくりお参りさせていただいています。月参りはほぼ月の始めに集中しているので、新しい月の開始!という気持ちも新たになります。 1日にうかがうSさんは、元気に…

和歌山へお説教に行っていました。

毎日、各所のお寺を回ってお説教をする一週間でした。どのお寺でも、とても丁寧に迎えていただき、集まった檀信徒の皆様も熱心に耳を傾けてくださいました。 居心地の良いホテルを用意して下さったのですが、すぐ目の前の海辺を散策する心の余裕がありません…

引きこもりからの脱出の一歩はお寺へ行ってみませんか?

今日、ぼんやりとテレビを見ていたら、いわゆる「引きこもり」だった人たちが自分たちの気持ちを発信しようとする新聞作りの話題が出ていました。 私も、自分の部屋から全く外に出たくない、誰とも会いたくない・・・と思う日が続いたこともあります。状況を…

お説教の準備 PART1

今、お説教の準備の日々です。お説教に呼んでいただいたときは、その時間に合わせ、また法要の種類、聴いてくださる方々の様子など、さまざまな状況を受け止めながら原稿を書きます。 時間は短いときは20分ぐらいから、長いときは1時間を一席として、一日四…

お彼岸法要のポスター作り。お彼岸の法要は3月18日です。

玄関先に置いている鉢植えの枝垂れ梅が咲き始めました。慈雲寺には梅の木が二本、鉢植えが二つあります。それぞれ開花期がかなり違うので、梅を愛でる日々を長く楽しめます。 さて、外はすごい風。春一番・・・かしら?春が近づいたら、お彼岸ですね。今朝は…

五十回忌の法要の温かな思いと大切さ

私は、三年前に慈雲寺に赴任するまで数十年間北米で暮らしていました。日本の慣習についてカナダの友人たちに話をすると必ず「ああ、それは良い習わしだね。」と言われたのが「法事」です。 キリスト教では葬儀はありますが、仏教のような年忌法要は行われま…

今日は少し温か。梅のつぼみもふっくら

昨日も今日も家の中の方が外の陽だまりの方が温か。お正月から咲き始めている盆梅は、そろそろ盛りを過ぎているのですが、鉢植えの枝垂れ梅の蕾が膨らんできて、もう明日にも咲きそうです。 そして、庭の白梅がついに開花!庭には紅白の梅の古木が一本ずつあ…

今日はお釈迦様が入滅なさった涅槃会の日です。

お (たつの市所蔵) 旧暦の2月15日はお釈迦様が入滅なさった日です。この日には各地のお寺で「涅槃会」が行われます。旧暦ですので、3月15日に行うお寺も多いですが・・・・ 涅槃会の前後には、お釈迦様のご入滅の様子を描いた「涅槃図」の御開帳をするお寺…

清水富美加さんの"出家”騒動に慈雲寺も巻き込まれた?!

いつもはとても地味なこの慈雲寺のブログが、昨日から突然アクセスが普段の三倍に跳ね上がりました。今日も順調(?)に数字が増えています。なぜかしら??と不思議に思っていたら、お昼のワイドショーを見て、「ひょっとしてこれか?」と思い当たりました…

3月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は3月26日に行います。テーマはお寺をご縁にした”寺縁墓”についてです。

今日は二月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」の日でした。冷たい隙間風がピューピュー吹いてくる本堂で寒さを我慢しながらお話しを聞いていただきました。本当にありがたいことです。 来週の15日はお釈迦様が亡くなられた涅槃会です。今日はそのお話しを少し…

今月の満月写経の会は11日と12日に行います。「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」も12日に行います。& 慈雲寺へのアクセスのご案内

本堂に手作りのひざ掛けが奉納されていました。慈雲寺の本堂は十分な暖房がないので、「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」や「満月写経の会」などの時は、参加の皆様に寒い思いをさせてしまっています。ひざ掛けを用意しているのですが、大判の温かなものを買う…

ロウソクの謎の(?)お供え・・・大歓迎!

夕方、本堂の扉をしめようとしたら、本堂へ上がる階段のところにロウソクの包みが三個。小さなロウソクですし、新しいものではなさそうなので、どなたかがお宅にあったものをお供えして下さったのでしょう。 小さなロウソクですので法要の時には使えませんが…

社葬の参列する機会から多くを学ぶ Part2

前回のブログで、社葬など仕事関係で葬儀に参列することになったら、その機会をぜひ十分に生かしてとおすすめしました。 参列のマナーが心配なら、冠婚葬祭にかんする本を一冊買っておきましょう。しかし、基本は、慌てずにゆったりと、そしてきちんと姿勢を…

社葬に参列する機会から多くを学ぶ Part 1

今朝、パソコンと立ち上げたらmsnのニュースで「知らないと恥をかく『会社関係の葬式』」という記事が出ていました。今は大規模な社葬をする会社も少なくなっているようですし、会社の上司の親族が亡くなったとしても、部下が葬儀に参加したり、手伝いに…

お月参りで始まる二月

月参りは、毎月一回、各家のお仏壇の前で読経させていただくものです。宗派や地域によって、またそれぞれの寺院の事情によっては、月参りの習慣が全くないところもあるそうです。しかし、慈雲寺には月参りの習慣が続いています。私は月参りに呼んでいただけ…