慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は12月23日(日)10時より行います。テーマは「戒名」です。戒名の本来の意味、理想的な授かり方をご一緒に学んでみましょう。

思考力や創造力を育むなら、まず母国語の語彙と表現力でしょう?!

部屋の掃除をして、新聞を整理していたら英語教室の宣伝フライヤーが出てきました。「2019年から英語・英会話の新カリキュラムが始まります!」という大きな字が目に入ってきます。 宣伝コピーは「”21世紀のスキル”の養成」とか「思考力や創造力を育む…

12月21日は終い弘法です。四国八十八ヶ所のお砂踏みもしていただけます。

弘法大師空海は、日本の真言密教の祖師であるばかりでなく、広く人々に信仰されています。 慈雲寺は法然坊源空上人(法然上人)を開祖とし、善慧房証空上人(西山上人)を流祖とする浄土宗西山派(西山浄土宗)に属していますが、脇檀には弘法大師もお祀りさ…

怨みを捨ててこそ・・・

今日のお釈迦様のお言葉 「この世においては、怨みに対して怨みをもって返すなら いつまでも怨みが消えることはありません。 怨みを捨ててこそ怨みは消える。これは永遠の真理です。」 『ダンマパタ』 日本にお念仏の教えを確立した法然房源空上人(法然上人…

友達の輝きが眩しくて・・・・今日はちょっと「イグアナ」に変身

仏教では他と比較して、羨んだり卑下したりすることを「苦しみのもと」と教えています。「あの人に比べれば、私の方が幸せ」と考えても本当の幸せではないからです。 ましてや僧侶としては、他の人を「羨む」というのは、とても恥ずかしいことです。他の人を…

今日の読書:古川順弘『神と仏の明治維新』

山茶花が咲き始めました。花の少ない冬に咲いて、私たちを楽しませてくれる山茶花や椿は大好きです。慈雲寺の内庭にも数本あります。楽しみ、楽しみ。 さて、ここ数年、私の中では「廃仏毀釈」がブーム(っていうのは変な表現ですね)。関連のある本が目に付…

大好きだった郵便局が大変身していました!

私はほんの短い間ですが、「大手町のOL」だった時代があります。OLなんて言葉は、とっくの昔に死語かもしれませんね?でも、半世紀前(ひぇ~~~)は、「大手町のOL」はちょっとしたステータスだったのです。ま、そう思っていたのは、大手町で働いていた私…

兄弟弟子に囲まれる喜び

私を僧侶にしてくださった、最初の師僧である橋本上人は、弟子を二十人以上育てた方です。自分の子供を弟子としてお寺を継がせるのが大半の、今の仏教界において、在家からこれほど多くの出家者を育てた方は稀有の存在と言ってよいでしょう。 弟子を育てるの…

冬の雷鳴は哀しい

先ほど、台所で夕食を作っていたら雷が鳴りだしました。私は普段は雷を怖いとは思わないし、砂漠や大平原で見る稲妻をとても美しいと思います。 でも、今日の雷鳴はダメでした・・・こんな風に冬の雷鳴を聞いたときの哀しい体験がいっぺんに胸に押し寄せてき…

阿弥陀様のお慈悲を「大船」に例える

私たちは輪廻を繰り返している間にさまざまな業を積み重ねています。善業も少しはあるでしょうが、重い石のように悪業を背負っているのです。 重い石のような私たちは、もちろん河の流れに浮かぶことはできないし、泳いで彼岸に渡ることもできません。 しか…

「また次の機会」はないと覚悟すべき

早朝の電話は恩師の急死の知らせでした。R師は、私が本山で修行をしていた時代の恩師です。講義を受けていたときには、私はずいぶんと生意気で反抗的な生徒でしたが、その後、不思議なご縁で近しくさせていただいていました。 本山で行われた幾つかのプロジ…

アイテム探しゲームと阿弥陀様の救い

以前、「インターネットゲームを始めましたが、課金してまで勝ちたい気持ちが解らん。」というお話を書きました。当時、よくやっていたのは、「パイレーツ・アンド・パールズ」というゲームなのですが、それはすでに私の中ではブーム終了しました。 最近、よ…

盗んだ花瓶に生けた花は美しいですか?

先日、田舎道を歩いていたら、畑のあぜ道に小さな看板が立っていました。そこには「盗んだ野菜は美味いか?」とだけ書かれてありました。 どうやら、畑から野菜を盗まれるのに業を煮やした農家の人が立てた看板だったようです。農家の方の怒りがじわじわ伝わ…

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」では、戒名(法名)について考えてみましょう。

今日は11月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」の日でした。晴れてきれいな空でしたが、かなり寒い。慈雲寺の本堂にはろくな暖房設備がないのですが、それにもめげず30名ほどの方がいらして下さいました。 さて、来月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、戒…

今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は「聖徳太子信仰」についてご一緒に学びましょう。

聖徳太子は、だれでも知っている人ですが、江戸時代から「実在しなかった」という説がしばしば主張されるほど謎の多い人物です。 政治家、行政官としての功績ももちろんですが、「日本仏教の父」として尊敬されている面も見逃せません。さらには、救世観音の…

「善」とはなんでしょう?

今日のお釈迦様のお言葉 「やったあとで後悔して泣くような行為は善ではなく、 やったあとで喜びが生じ、心が満ち足りるような行為が善なのです。」 『ダンマパタ』より 仏教は「善を為し、悪を控える」ことを生活の第一の基盤としています。では、善とは何…

今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は11月25日に行います。どなたでもお気軽にご参加ください。

慈雲寺では、毎月「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行っています。身近な話題を取り上げて、「仏教という考え方、ものの見方」の基本をご一緒に学んでいこうとするものです。 「講座」というタイトルはついていますが、どなたでもお気軽に参加していただける…

「「お寺をAllyのプラットフォームに」という提案に慈雲寺は全面的に賛成です。Part2

前回のブログで、慈雲寺は「お寺をallyのプラットフォームに」という提案にできる限り協力したいと書きました。 では、慈雲寺では具体的に何ができるでしょうか?今すぐに始められることとして、考えられるのは、葬儀や供養のための法要です。長年のパートナ…

「お寺をAllyのプラットフォームに」という提案に慈雲寺は全面的に賛成します。Part1

14日から大阪のインデックス大阪で開かれていた「セレモニージャパン」という展示会に行ってきました。 これは、8月に東京で開かれて、私も参加した「エンディング産業展」の大阪版という感じの催し。出店している業者も東京と重なるものが多かったのです…

観音さまの御足に触れさせていただいただく!

奈良の長谷寺のご本尊は10m以上もある巨大な十一面観音です。迫力のある美しいお姿で、一般の参拝者はちょうど胸から上ぐらいが拝めるようになっています。 先日、友人にご紹介いただいて、ある団体の参拝に同行させていただくことができました。数か所の…

流行語大賞候補の「グレイヘア」と坊主頭

今朝、めずらしくテレビをつけていたので、昨日発表された流行語大賞候補のことが話題になっていました。候補になっている言葉のほとんどは、私の中では流行ってませんでした(笑) でも、一つ気になったのは「グレイヘア」。白髪が目立つようになった女性が…

『ブッダがせんせい』より Part3

今日のお釈迦さまのお言葉 「人をあざむいてはなりません。どんなときも人を軽んじてはいけません。人を悩まそうとして怒りをいだいたり、人に苦痛を与えることを望んではいけません。」『スッタニパータ』より 子供用の『ブッダがせんせい』に取り上げられ…

『ブッダがせんせい』より Part2

お釈迦様のお言葉 たいまつからたくさんの火をとっても、たいまつはもとのままであるように 幸福というのは、いくら人へ分け与えても減らないものです。 『ブッダのことば』より 先日ご紹介した、子供用の仏教入門書『ブッダがせんせい』に取り上げられてい…

出家を考えている女性におすすめの本 『尼さんはつらいよ』Part2

昨日は、遠く関東地方から慈雲寺を訪ねて下さった方とお話しました。この方は、子育てが終わった後の自分の人生を考えたとき、尼僧として生きることも選択肢の一つとしたいというご相談でした。 以前から、何度もこのブログに書きましたが・・・・ 現状を急…

シナゴーグの銃撃事件に思う

27日にアメリカのピッツバーグで起きたシナゴーグ(ユダヤ教会堂)の襲撃事件の記事を読んで、深い哀しみを感じています。なんの宗教であろうが、聖なる場である社寺、教会堂は「安全」な場であるべきです。誰もが、その中にいれば安心して祈れることこそが…

秋は「満月写経の会」の会がより楽しい

慈雲寺では、毎月満月の夜にお月見を兼ねて写経・写仏の会を催しています。10月は25日が満月でした。綺麗に晴れた空に大きなお月さま。 写経には7人の方が参加して下さいました。秋はお月さまも、より美しく見えるし、暑くなく、寒くなく、写経にもってこい…

『ブッダがせんせい』より Part1

お釈迦さまのお言葉 『ダンマパタ』より 「荒々しいことばを使うな。言われた者は君に言い返すだろう。 怒りを含んだことばは苦痛である 仕返しが君に返ってくるだろう」 前回のブログでお話した、仏教伝道協会が発行している子供向けの仏教入門書『ブッダが…

仏教のおすすめ入門書 part 3  『ブッダがせんせい』

昨日は東京から修行僧のAさんが訪ねて来てくれました。浄土系のお寺で修行しておられるのですが、なかなか厳しい日々のようです。「それ、ちょっと自力過ぎないか?」と言いたくなるほどですが、自分に厳しい方なので、そういう状況を十分に生かしておられる…

11月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」のテーマは「聖徳太子って誰ですか?」です。

今日(10月21日)は「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」の日でした。気持ちの良い秋晴れで、絶好の「お寺参り日和」でした。テーマは「地獄」でしたので、源信の『往生要集』に説かれた地獄の様子や、世界のさまざまな宗教の「地獄」のイメージのお話などを…

今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は地獄についてご一緒に学びましょう。

前回のブログにでお話したように、今日はご近所の小学校から50人近くの子供たちが「社会科見学」に来てくれました。難問の「神社とお寺はどう違うのですか?」という質問も出て、まだまだ勉強が足りないと反省しました。子供たちが何に興味を持つのかしるの…

「神社とお寺の違いはなんですか?」

明日(9月19日)、近くの小学校の二年生が社会科見学に来ます。去年は20人ぐらいで、中には「マクドナルドの見学に行きたかったんだけど、人数が多すぎて・・・」という正直な子もいたりして、慈雲寺は二番手、三番手のチョイスだったようです。 しかし…