慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は12月17日10時より行います。テーマは「廃仏毀釈とは何だったのか」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

法然房源空上人(法然上人)の弟子たち Part2

前回は、 法然上人の弟子たちのお話しを僧名から見てきました。法然上人は、僧侶としての正式なお名前は法然房源空です。慈雲寺が属する西山浄土宗の流祖は、法然上人のもとで出家し、證空という名を授けられました。 以来、證空は法然上人が御遷化なさる(…

法然房源空上人(法然上人)の弟子たち Part1

日本にお念仏の教えを確立した 法然房源空上人(法然上人)には、たくさんの優れたお弟子がいらっしゃいました。しかし、現在まで続いているのは三人の系統のみなのです。一つは親鸞聖人から始まる浄土真宗です。もう一つが聖光房弁長上人から始まる浄土宗の…

「善」には喜びが伴う

裏庭に菊の花がたくさん咲き、山茶花も咲き始めました。毎日嬉しいことがたくさんあります。寒いのは、ちょっと哀しいけれど、むし暑いよりずっと良い。 人生を楽しい、嬉しい、喜ばしいことで満たすには、どうしたら良いでしょうか?お金がたくさんあれば良…

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」のテーマは「廃仏毀釈」についてです。

今日は、11月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」の日でした。暖房も駐車場もろくにない慈雲寺に、たくさんの方がいらしてくださって、本当にありがたく思いました。 今回のテーマは「神仏習合」だったのですが、テーマが大きすぎて、うまく説明できませんでし…

慈雲寺への公共交通アクセス

先ほど、初めての方からお電話があり、明日(11月19日)の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」においで下さるとのことでした。駐車場について聞かれたのですが、申し訳ありませんが、慈雲寺には十分な駐車場がありません。 有松インターを降りたところに、有松ジ…

不思議なご縁で慈雲寺に

11月19日の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」で、神仏習合のお話しをしようと思っています。私は以前から神仏習合から、神仏分離、廃仏毀釈へとなだれ込んでいくプロセスに深い興味を持っています。日本が幕末から明治にかけて体験した世界史上でも珍しい宗教…

11月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は11月19日に行います。テーマは「神仏習合」です。

「神仏習合」とは、仏教と日本古来からのカミへの信仰が独特の姿で共存した宗教思想です。仏教はインドから各地へ伝播するにしたがって、それぞれの土地の宗教とユニークな共存や習合をしてきました。日本の神仏習合はその流れの中に発生し、発達してきたも…

思い立った日が御供養の最良の時

先日、Sさんという方から御尊父の年忌法要ついて相談をいただきました。Sさんは、時々、「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を聴きにきてくださる方です。 お父様が亡くなられてから、ちょうど三回忌にあたる時期なのですが、事情があって法事に参列できなかった…

古希の祝いをお寺で - お祝いごとにもお寺にご縁を結んでみましょう

今日はとても嬉しいことがありました。いつも「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」に来て下さるKさんの古希を祝う集いを慈雲寺で行ってくださったのです。 集まったのは、奥様、お子さん、お孫さんなど10人ほど。短い法要でご先祖に、皆が、健やかにこの日を迎え…

国立京都博物館で「国宝展」を見る・・・敗北・・・

今、京都の国立博物館で日本中の国宝指定を受けた美術工芸品を一挙に展示する「国宝展」が開かれています。展示されているものの全てが国宝!11月26日までです。会期は四つに分かれていて、展示品も入れ替わる。各期ごとに見に行こうと思っていたのですが上…

教学者の研究成果を布教に生かしていくのが説教師

二か月に一度、私の属する浄土宗西山派(西山浄土宗)の教えを研究する「西山教学」の若手のエース、Sさんの講義が本山で行われます。 Sさんは、研究熱心なことはもちろん、じっくり考える思索家であり、俗世の栄華や評価は少しも気にならないタイプ。しかも…

お寺をコミュニティのセーフティネットに

今日は伸び放題になっていた生垣の枝払いをしました。時期的には適切とは言えないでしょうが、お墓参りの方が邪魔に感じるほど伸びていたので・・・すっかり汗だくになってしまいましたが、なんだか気持ちが良い!毎日、少しずつ整えていくことにします。 さ…

神仏習合について再勉強中!

11月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、神仏習合についてお話しすることにしました。先日、京都へ取材に行って新熊野神社を訪ねたときに思いついたのです。この神社は名前の通り、熊野の神々を祀る神社で、境内の建物や木々それぞれを神(仏)に見立てて…

法然上人の月影のお歌

昨日の「満月写経の会」は参加者三名でしたが、静かで心地よいときを過ごすことができました。月明りの下で読経するのもいいですね。 12月の「満月写経の会」は12月4日7時半より行います。どなたでもお気軽にご参加ください。 さて、月光といえば、法然房源…

11月の満月は4日です。満月写経の会のお知らせ

先ほど、本堂の縁側からお月様を眺めました。もうすぐ満月です。 慈雲寺では、毎月の満月の夜に写経の会を行っています。 11月の満月は11月4日です。満月写経の会は11月4日の7時半から行います。 どなたでもお気軽にご参加ください。写経は心を込めてお経を…

研修会で當麻曼荼羅の絵解き説教を聞かせていただく

當麻曼荼羅は、奈良の當麻寺の御本尊です。『観無量寿経』に説かれた極楽の様子を描いたものです。お浄土の様子を描いた浄土変相図は他にもありますが、當麻寺に伝えられているものは、唐の時代に中国浄土教を確立した善導大師が『観無量寿経』を解釈した『…

11月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、11月19日に行います。

今日は10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行いました。台風がやってきつつあるという怪しい空模様にもかかわらず、25人以上の方々が集まってくださいました。 「末法思想」という少々硬い(テーマ)でしたから、もう少しわかりやすくお話しすべきだった…

嵐が来ても、「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は行います!

明日(10月29日)は台風の上陸で大荒れになりそうですね。 でも、「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は行いますので、お気をつけてお出かけくださいませ。 10月29日(日)10時より どなたでもお気軽にご参加ください。 テーマは「末法の時代に生きる」です。 末…

兄弟子のお寺でお説教・・・大緊張!

昨日は、岐阜県の八百津町である善慧寺へお説教に行かせていただきました。このお寺は、慈雲寺が属する浄土宗西山派(西山浄土宗)の流祖、善慧房証空上人(西山上人)が創建なさったお寺です。お寺の名前もそれにちなんでいます。 実は、このお寺の現在のご…

10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、10月29日に行います。テーマは「末法の時代に生きる」です。

10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は29日の日曜日、10時より行います。 今月のテーマは「末法の時代に生きる」です。 阿弥陀仏への信仰の第一歩は「私たちは末法の時代に生きる凡夫だ」という自覚です。末法というのは、歴史(時間)の流れに関する仏教…

自民の大勝ですか・・・・う~ん

投票の締め切りが終わったと思ったら、早々に「自民大勝」のニュースが出ました。なんだかなぁ・・・これで、モリカケ問題の禊は終わったってことになって、戦後最大の疑獄になるべき問題もうやむやになってしまうのでしょうか?憲法の改正も拍車がかかりそ…

今日は、とにもかくにも投票に行きましょう!

今朝は6時前に本堂の扉を開けました。雨は強かったけれど、風はまだ強くない。 今日は法事が二つあるのですが、この分なら延期しなくてもよさそうです。法事が始まる前に投票に行こうと思っています。 日本の小選挙区制度はけして完璧とは言えないようですし…

本堂の屋根が心配!

超大型台風が近づいているとのニュース。今日は選挙カーの声もなぜか聞こえてこないし、結構不気味な感じ。空の雲もどんどん変化しています。 慈雲寺は明治時代に建てられた建物です。規模は小さなお寺ですが、当時としては破格のコストをかけて贅沢に作られ…

仏教は合議制を重んじる。民主主義の第一歩は選挙に投票することですね。

s 先日、滋賀県のある神社に取材に行きました。そこは小さな山の中腹にあるので、長い階段をセッセと登っていきました。すると、下界から選挙カーの声が響いてきます。雨模様で階段が滑りやすくなっていたので、周辺の景色を楽しむ余裕もなく、自然に耳だけ…

腹が立ったら「息」を整える

仏教は心との相互関係を重視します。心が怒りや悲しみ、つまり執着によって揺れ動いているときは、体から整えていくという考え方です。そのため、仏教では、まず息を整えることから始めます。そして深い瞑想へと進んでいくのです。 残念ながら、末法の時代に…

地獄絵をたっぷり見に行きましょう!

今日の写真は、言わずと知れた閻魔大王です。かなり怒ってますねぇ・・・ 先日、用事で京都に行ったのですが、駅の観光案内所で龍谷ミュージアムのパンフレットを見ました。なんと、ただいま「地獄絵ワンダーランド」展をやっているのです。 今年の夏、奈良…

「お寺友達」が生まれるのは嬉しい!

慈雲寺では、毎月、身近な話題から仏教の教えを学ぶ「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を開いています。毎回、30人を超える方々がいらして下さいます。私は、この講座の参加者の中から、自然発生的に「お寺友達」ができると良いなぁ・・・と思っていました。 会…

子供たちが感想文を書いてくれました!

さきほどご近所のパン屋さんに明日の朝食を買いに出かけたら、「慈雲寺さんにも子供たちが見学に来ましたか?」と店主がニコニコしながら聞いてきました。どうやら、小学校の社会見学で、パン屋さんを訪れる子供たちもいたようです。 パン屋さんと私は「楽し…

噴火も選挙も気になる・・・でも、目下の悩みは蚊!

鹿児島の火山のことも、選挙のことも気になって新聞をせっせと読んでいます。でも、今の悩みは蚊! しばらく涼しい日が続いたので、もう蚊取り線香は仕舞ってもいいかな・・・と安心していました。殺生を禁じられている仏教の寺院で、盛大に「殺虫」するのは…

末は徳の高い高僧か?! Part2

前回の記事で、慈雲寺に社会見学に来た小学生のお話しを書きました。どの子供も可愛らしく、知的好奇心もたっぷりありそうな良い子たちでしたが、一人、特に印象的な子供がいました。 子供たちは、本堂の中で椅子に座ってもらってお話しをしたのですが、その…