慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、10月29日(日曜)10時より行います。テーマは「末法の時代に生きる」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

年明けは阿弥陀経を和語で朗読

f:id:jiunji:20141231151430j:plain

 新聞を開いたら、名古屋周辺の神社やお寺の初詣の広告がたくさん出ていました。それぞれ工夫を凝らして「呼び込み」をしています。厄除け、学業成就、金運などなど・・・あんまりたくさんの参詣がなく、静かにお参りできるお寺があっても良いかなぁと思っていたのですが、うーん。うちも「初詣」の旗竿ぐらい用意すれば良かったかなぁ・・・

 一番印象的だったのは善光寺東海別院の「この世で極楽をおがめる」というキャッチフレーズ。でも、浄土系の寺院の内部の荘厳はどこも、極楽をイメージして飾り付けられているんですけどね・・・慈雲寺もだいぶ古色をおびてはいますが、極楽の雰囲気を感じていただけるようにデザインされています。

  慈雲寺は長い間大晦日から新年にかけては門を閉め、初詣の方々をお迎えしていませんでした。でも、今回から終夜門を開けておきますので、新年を静かにスタートしたい方はお参りにおいでください。

 年が明けたらすぐ、修正会という短い法要をいたします。ご先祖さまのご供養と世の平安をご一緒に祈りましょう。その後、『阿弥陀経』というお経を和語で読み下しにしたものを朗読します。このお経は極楽の様子を描写したものです。極楽世界をゆったりと想像しながら新しい年をスタートしませんか?

・今日の写真は岐阜市正法寺に祀られている阿弥陀如来の大仏さまです。