慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

9月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は9月24日日曜10時より行います。テーマは「彼岸へ至る道の歩み方」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

お葬式が一段落

f:id:jiunji:20150107213800j:plain

 そとは冷たい風が吹いています。本堂の扉を閉めていたら、おぼろ月が見えました。境内ごしに見る空は広くて月がとりわけ美しい。いつか境内の砂利を白砂に替えて、月夜に境内が銀色に光るようになるといいなぁ。

 今日は先日、お葬式をなさった方がご挨拶に見えました。葬儀場で手渡すのではなく、お布施は後日お寺へ・・・というのがこの地方の習慣だそうです(ご近所のお寺の方に教えていただきました)。このほうが、「お葬式の料金」ではなく、「お寺へのお布施」という本来のありかたのように思えました。ゆっくり喪主さまたちとお話しできる機会でもあり、これも大事なことだとおもいました。

 一人の方の死は、さまざまな影響を周囲に与えるものです。これをより実り豊かな経験にするお手伝いも僧侶の役割だと感じています。そのためには僧侶の内面の豊かさ、深さが問われるでしょう。私はまず、部屋を片付けて(部屋のちらかりぐあいは住む人の内面を表しているそうですから)、お習字のお稽古から始めるべきでしょうか。

・今日の写真は、北欧のアールデコ建築の傑作のひとつと言われる、ヘルシンキの駅舎を守る巨人です。