慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、10月29日(日曜)10時より行います。テーマは「末法の時代に生きる」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

慈雲寺へのアクセス

●慈雲寺へのアクセス

名鉄有松駅前から、「有松12番 有松町口無池行き 地蔵池経由」(日曜の9時台は07分と36分発)に乗り、郷前の停留所でお降りください。そのまま道なりに進むと郷前の交差点に出ます。角に鍼灸院があり、その右手の細い坂道を上がると慈雲寺の屋根が見えてきます。

 なお、「みどり巡回バス 地蔵池経由」も郷前に停まります。これは有松駅9時18分発です。

 また、時間はかかりますが、地下鉄の鳴子駅から出ている「鳴子13番」のバスも郷前に停まります。

●栄のバスターミナルからは森の里団地行きのバスが一時間に一本出ています。この場合は、郷前の停留所から道を戻って郷前の交差点に行ってください。

☆駐車場も少しありますが、バスのご利用をお願いいたします

f:id:jiunji:20150617093243j:plain

6月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は6月21日(日曜)午前10時から、慈雲寺の本堂で行います。宗派にかかわらず、どなたでも歓迎いたしますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

 今月のテーマは「ご利益ってなに?」です。宗教離れが進んでいると言われ始めてからずいぶん月日がたちました。葬儀や法事は簡略化され、お墓詣りも少なくなり、菩提寺とのお付き合いも希薄になったと言われています。しかし、雑誌やインターネットなどで、恋愛や金運にご利益があるとか、“パワースポット”として紹介されると、一挙に訪れる人が増える場所もたくさんあります。雑誌などをみても、願いがかなう特別なパワーを込めたと称するブレスレットなどの広告がたくさん出ています。

 私たちは宗教心が薄くなっても「ご利益」は信じているのでしょうか?家族や本人の病気で悩んでいる人のところに、「信心すれば病気は治りますよ」と近づいてくる人もいるし、いつの間にか怪しげな壺に何百万も払ってしまうという話も耳にします。いったい、ご利益とはなんなのでしょうか?

 ご利益と信仰の関係を改めて考えてみましょう。そして、信仰による本当の癒しとは、本当のご利益とは何かについてご一緒に考えてみましょう。

・今日の写真は香港の沙田公園に咲いていたラバーナム(キバナ藤)の花です。