慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

9月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は9月24日日曜10時より行います。テーマは「彼岸へ至る道の歩み方」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

今日も一日いただきます!

f:id:jiunji:20160327202957j:plain

 いつから始まったのかはっきりしないのですが、このごろ、朝起きると布団の中で大きく伸びをします。その後、ゆっくり起きあがります。そのときに自然に「今日も一日いただきます。ありがとうございます。」という言葉が出てきます。

 朝、目が覚めて、ちゃんと起き上がれるだけで、ありがたいという気持ちになったのは特別なきっかけがあるわけではないのですが、昨秋から体の調子がベストコンディションとは言えないので、余計にそんな風に感じるのかもしれません。

 ともかく、朝気持ち良く目が覚めたということは、仏さまから「今日という一日」を生きることを許された・・・というか、プレゼントされたということでしょう。人の命は危うく、いつ何がおこるかわかりません。それを心配して生きるのではなく、毎日、毎日プレゼントされた「一日」を感謝して生きていきましょう。

 けして、毎日「充実させろ」とか「頑張れ」というのではありません。ゆったりと過ごす日があっても良いし、人のためになることをさせてもらう一日でも良い。たくさん笑う日があってもよいし、一日しっかり勉強する日でも良いでしょう。でも、「プレゼント」を感謝して受け取るというのがポイントでしょう。

 今日は朝からお月参り。お月参りは檀信徒のみなさんと親しくお話しできる素晴らしい機会ですので、いつもとても楽しみです。午後は先代様のお墓のお花を替えて、庭の掃除をしました。庭の水仙もきれいに咲き始めましたし、うれしい一日になりました。

 明日も素敵な一日をいただけることでしょう。

◎今日の写真はコロンビアのホテルで見た椅子です。一見、それほど座り心地は良くないのですが、実際に座ってみると絶妙の角度で体を支えてくれました。