慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、10月29日(日曜)10時より行います。テーマは「末法の時代に生きる」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

“一族郎党”でお墓参り!

 

f:id:jiunji:20160814212029j:plain

昨日はとても嬉しいことがありました。午前中の棚経から、ちょっとヘロヘロになって戻ってきたら、慈雲寺の墓地にもたくさんの方がお参りにいらしていました。

 「本堂に麦茶がありますので、どうぞ一休みしていってください。」とお墓参りの方に声をかけました。しばらくすると本堂から楽しそうな声が聞こえてきました。

 なんと20人近くの方が本堂に上がってくださっています。慌ててお茶碗と追加の麦茶を運びました。どうやら、お盆でご本家に集合した「一族」の方々がご一緒にお墓参りにいらしたようです。

 これぞ、私の理想!!一族の「刀自」のような風格のあるおばあさんから小学生の子供まで、本当に楽しそうに談笑しているのです。いいなぁ・・・こんな楽しいお墓参りの思いでがあったら、子供たちが大人になったときに、「お墓を護っていこう!」と考える人がきっと出てくることでしょう。

 お寺参りやお墓参りが楽しい、心豊かになれる体験になるようにお手伝いするのがお寺の役割ですね。

 どうぞ、これからもこんな風に、お寺を「楽しむところ」、「癒しの場」として利してください。そのために、慈雲寺の本堂は昼間、いつでもお参りしていただけます。夏は麦茶、冬はお茶をご用意してあります。どなたでも一休みなさってください。

 阿弥陀様と向き合ってゆっくり祈るのもよし、手ぶらで写経をしていただける用意もしてあります。

◎今日の写真は愛知県の西尾市の旧市街の町並みです。なんだか江戸時代みたいですね。