慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、10月29日(日曜)10時より行います。テーマは「末法の時代に生きる」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

水道の水漏れで「平常心」を失う・・・情けな過ぎる

f:id:jiunji:20161217093953j:plain

 今朝、仏様へ差し上げるお水を用意しようと台所へ行くと、ポツーン・ポツーンと音がします。水道から水が少しずつ漏れているのです。

 実は私はこの「ポツーン・ポツーン」が大の苦手です。雨のように不規則に聞こえるなら良いのですが、規則的に一つの音が続くのは泣けるほどにがて。まぶたの上に規則的に水をたらして眠れないようにする恐ろしい拷問があるそうですが、私は最初の30滴ぐらいで降参してしまうでしょう。

 もちろん、水道屋さんに連絡すれば、おそらくすぐに解決するのですから、あわてる必要はありません。こんなことで動揺してしまうのは・・・僧侶としてはまずいですよね。

 「平常心」を保つことを重視する禅宗の僧侶だったら、恥ずかしくて蟄居したくなるレベルですね。う~~ん・・・私は、心が散乱してしまう凡夫を救ってくださる阿弥陀様のおそばにいて良かった!のか????

◎今日の写真は、山口市にある旧河村写真館です。私はこの建物のような和風洋館が大好き。知らない町へ行ったら、まず、こういう建築を探します。河村写真館のことは知らなかったのですが、バスに乗っていたら窓から見えたので、即座に下車してしまいました。写真という「昔のハイテク」にふさわしい家ということで建てられてのでしょうね。どうやら、観光名所の一つのようで、観光案内所でもらった市内の観光地図にも載っていました。屋上の展望室(?)がオシャレです。