慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は12月17日10時より行います。テーマは「廃仏毀釈とは何だったのか」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

地獄絵をたっぷり見に行きましょう!

f:id:jiunji:20171015212748j:plain

 今日の写真は、言わずと知れた閻魔大王です。かなり怒ってますねぇ・・・

先日、用事で京都に行ったのですが、駅の観光案内所で龍谷ミュージアムのパンフレットを見ました。なんと、ただいま「地獄絵ワンダーランド」展をやっているのです。

 今年の夏、奈良で見た「源信展」にも地獄絵がたくさん出ていましたが、奈良の国立博物館とは、ずいぶん視点の違う展示のようです。さっそく、西本願寺の前の博物館へ行ってみました。

 この龍谷ミュージアムは、大谷探検隊シルクロード仏教遺跡の探検から持ち帰った貴重な遺物をはじめ、龍谷大学が所蔵しているさまざまな仏教関連の所蔵品を展示しています。常設展も面白いのですが、企画展が毎回ユニーク。

 展示フロアーはそれほど広くないので、ゆっくり見て回ってもくたびれ果てるということがありません。このごろは、コストパフォーマンスを重視して、全ての展示品を頑張って見るなんてことは、もう体力的に無理。感動する心のキャパシティも小さくなったのかもしれません。

 と、いうことで、私はこの博物館が大好きです。

 今回の「地獄絵ワンダーランド」は、地獄の恐ろしさを少しユーモアを込めて解説しています。図録も面白い!フフフ・・・と笑いながら眺めているうちに、ジワジワと、「地獄に落ちないようにしないとなぁ・・・」という気持ちになってきます。

 そして、展示のクライマックスは、もちろん阿弥陀如来の来迎のお姿です。どうあがいても悪人の凡夫である私たち。地獄行きは避けられないところなのに、阿弥陀様はちゃんと極楽へ迎え取ってくださるのです。一切の条件をつけずに・・・

 地獄絵をたっぷり見た後ですから、阿弥陀様が迎えに来て下さる様子を描いた来迎図や、極楽世界の美しさを描いた当麻曼荼羅などが、特に心にしみてきました。

 龍谷ミュージアムでの「地獄絵ワンダーランド」展は、11月12日までやっています。京都にお出かけの時は、ぜひ日程に入れてみてください。お勧めです!