慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は12月17日10時より行います。テーマは「廃仏毀釈とは何だったのか」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

本堂の屋根が心配!

f:id:jiunji:20171020215712j:plain

 超大型台風が近づいているとのニュース。今日は選挙カーの声もなぜか聞こえてこないし、結構不気味な感じ。空の雲もどんどん変化しています。

 慈雲寺は明治時代に建てられた建物です。規模は小さなお寺ですが、当時としては破格のコストをかけて贅沢に作られています。屋根瓦もどっしり!瓦の重ね方も深く、おかげで100年以上、瓦の葺き替えをしないでこられました。しかし、もうそろそろ限界・・・・葺き替えには膨大なお金がかかります。そのことを考えると胃が痛くなってきそうです。まあ、なんでも阿弥陀様におまかせして・・・とどっしり構えていても良いのかもしれませんが。

 いずれにしても、台風に耐えてくれるのを祈るばかり。これから数日は、ちょっとゆっくり眠れそうもありません。

◎今日の写真は兵庫県にある生石神社の「石の宝殿」です。宮殿型の巨大な岩が崖からくりぬかれて横たわっています。日本を代表する巨石信仰の聖地です。こんな宮殿なら台風の心配はいりませんね。