慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

8月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、8月26日(日)10時より行います。テーマは「幽霊と仏教」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

他人は自分の代わりにはならない

f:id:jiunji:20171129195736j:plain

今日の「お釈迦さまの御言葉」

 他人の過ちを見てはいけない。

 他人がしたこと、しなかったことを見るな。

ただ自分がしたこと、しなかったことだけを見るがいい。(法句経より)

 

 仏教は悪因悪果、善因善果・・・全ては自業自得と教えています。自業自得というと悪いことばかりに使われがちですが、本来は善き行いには良い結果が、悪い行いには悪い結果が「業」として積み重なっていくという教えなのです。

 「あの人は悪いことばかりしているのに、けっこう得をして楽しく暮らしている」と思うことがあるかもしれませんが、その人が受け取る結果や、積み重ねていく「業」の結果はなかなか外からはわからないものです。

 ですから、他人の行いの良し悪しを論ずるのではなく、自分がしたこと、しなかったことだけに注意を向けるべきだとうのが、お釈迦様の教えです。

 私たちは一見「善行」に見える行動をしていても、その動機は「ひとから良く思われたい」とか「褒められたい」とか、「何か利益につながるかも」といった、不純なものであることが少なくありません。

 自らを振り返って、自分の行動が利他の気持ちから発するものであるかどうかを考えてみましょう。

 しかし、私たちは末法に生きる凡夫。なかなか純粋に利他行に生きることはできません。阿弥陀様の御目当ては、そんな私たちなのです。一切の条件をつけずに、私たちをこの身このままで救ってくださるのが、阿弥陀仏の願いなのです。

◎今日の写真は郡上八幡の街角の小さな秋です。