慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

2018年1月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、1月28日(日)10時より行います。テーマは「七福神って誰でしょう?」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

年明けのお墓参り

f:id:jiunji:20180104105645j:plain

 慈雲寺の墓地のお墓は、今、どこも美しいお花が供えられています。この地域の人々は、年末になるとお墓をきれいに掃除し、供花を新しくします。これが新年を迎える最後の行事になっているようです。

 また、新年になるとすぐにお墓参りにいらっしゃるご家族も少なくありません。遠くに住んでいるお子さんやお孫さんをつれてお参りにいらっしゃるのです。慈雲寺の庫裏に立ち寄って下さる方もあって、この三が日はにぎやかに過ごすことができました

 嬉しいとき、哀しいとき、寂しいとき、困っているとき、さまざまなときに、お墓にお参りし、ご先祖に話しかけてみませんか?その後は本堂で、ゆっくり阿弥陀様や弘法大師に手を合わせてください。喜びがより深くなり、それをほかの人にわけてあげたくなるでしょう。また悲しいとき、苦しいときは、仏さまのお慈悲にふれて慰められることでしょう。

  お寺を訪ねてくださる方とお話しするのは、住職にとっていつでも、とても嬉しいことです。悩みのある方のお話しを聴かせていただくのも、住職の大事な役割です。どうか遠慮なくお立ちよりください。

◎今日の写真はエクアドルで見た蘭の花です。