慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

11月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、11月25日(日)10時より行います。テーマは「聖徳太子って誰でしょう?」です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

4月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は4月29日です。テーマは「煩悩ってなんでしょう?」

f:id:jiunji:20180424092725j:plain

 慈雲寺では、毎月一回、身近なテーマをとりあげて、仏教というものの見方、考え方の基礎を御一緒に学んでいく会を催しています。

 今月は4月29日の日曜日、10時より行います。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。

 今月のテーマは「煩悩」です。煩悩とは、私たちの苦しみの原因になるさまざまな心の動きをいいます。煩悩を滅却するために頑張って修行する・・・というのも一つの考え方ですが、あまりそれに執着すると、頑張ること自体が煩悩になってしまうというやっかいな問題もあります。

 また、煩悩がそのまま悟りなのだ・・という教えもありますが、それも何が何だかわからないですね?

 煩悩との穏やかな付き合い方を御一緒に考えてみませんか?

 慈雲寺で行われる全ての宗教行事は、特別な場合を除いて無料ですが、仏様やご先祖様のご供養、お寺の維持などのため、お気持ちを御喜捨いただければ幸いです。

◎慈雲寺への交通アクセス

申し訳ありませんが、慈雲寺には十分な駐車場がありません。なるべく公共交通を使っておいでくださいませ。
 名鉄有松駅前から、「有松12番 有松町口無池行き 地蔵池経由」に乗ってください。日曜の9時台は二番乗り場から9時07分と36分に発車します。これらのバスに乗り、郷前(ごうまえ)の停留所でお降りください。そのまま道なりに進むと郷前の交差点に出ます。角に鍼灸院があり、その右手の細い坂道を上がると慈雲寺の屋根が見えてきます。
   また、時間はかかりますが、地下鉄の鳴子北駅から出ている「鳴子13番」のバスも郷前に停まります。日曜は8時45分にバスが出ます。
●栄のバスターミナルからは森の里団地行きのバスが一時間に一本出ています。この場合は、郷前の停留所から道を戻って郷前の交差点に行ってください。日曜は8時50分発があります。所要時間は約40分
●JRの大高駅から緑循環バスの名鉄有松行で郷前に行くことができます。日曜は8時44分と9時44分に出発します。9時台のバスですと10時の開始時間には少し遅れますが、あわてずにおいでください。
●また、同じ緑循環バスの名鉄有松行は南大高駅東にも停車します。9時9分発です。
●JRの共和駅からタクシーで5分。市バスはありません。「郷前の交差点近くの慈雲寺」とおっしゃってください。慈雲寺を知らないタクシーの運転手もいますので、その場合は郷前の交差点の鍼灸院で降りてください。鍼灸院からお寺の屋根が見えますので、右手の細い坂道を上がってください。

★慈雲寺から徒歩5分のところに、有松ジャンボリーというショッピングモールがあります。そこの駐車場に駐車して(無料)、歩いておいで下さるかたもいらっしゃいます。

 

◎今日の写真は慈雲寺が属する浄土宗西山派西山浄土宗)の総本山光明寺の新緑です。