慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は10月21日(日)10時より行います。テーマは「地獄って何ですか?」です。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

次々届く本!「業」のお勉強再開

f:id:jiunji:20180624002042j:plain

 慈雲寺では、毎月「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行っています。身近な話題を取り上げて、仏教の基本的な考え方、ものの見方を一緒に学んでいこうというものです。この「一緒」というのは、文字通りの意味で、来月のテーマを決めたら、一か月かけて勉強のし直しです。原稿を作っているうちに、自分でも理解が不十分なところが見えてきて、楽しいけれど困る・・・という不思議な気持ちになります。

 最近はテーマが決まるとすぐAmazonで検索して、関連してい本で足りないものを注文します。これはカナダにいるときは出来なかったことで、日本へ戻ってきた嬉しさの一つです。今回は、本山で勉強していたときに図書館で読んだ、佐々木現順先生の『業の思想』をまず注文。Amazonでは、選んだ本と関連した別の本も画面に出てくる(マクドナルドでハンバーガーを注文すると、「ポテトはいかが?」と勧められるみたいな感じ)ので、つい他の本も注文してしまいます。古本なので、一冊一円などというのもあり、気が大きくなってしまいます。一冊一円の本でも、手数料も送料もかかるので、数が増えれば金額も大きくなるのですが・・・ポチポチとパソコンのキーを押してしまった結果が、昨日からどんどん届いています。

 ああ・・・でも、本が届くのは嬉しいなぁ。

◎今日の写真は大阪の法善寺横丁で見た阿弥陀様です。