慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は12月23日(日)10時より行います。テーマは「戒名」です。戒名の本来の意味、理想的な授かり方をご一緒に学んでみましょう。

今日は送り火の日

f:id:jiunji:20180816112423j:plain

 今、外出から戻ったら、墓地にどなたかお参りに見えているようです。今日は京都の大文字焼きの日。お盆の送り火です。16日には、お墓にもう一度お参りして、「急がずにゆっくり帰ってくださいね。」と祈るしきたりです。

 迎える時は、きゅうりの馬にのって「早く帰ってきて」と願い、送るときは「なすの牛にのって、ゆっくり極楽へ戻って下さい」という気持ちをこめる・・・仏教学的には、極楽へ迎え取られた人は、すべて神通力がつきますから、いつでも何処へでも思いのままに行くことができます。煙をたかなくても、ちゃんと思いのある人に寄り添ってくれるのです。しかし、お盆という慣習をきっかけにして、馬と牛のような思いをこめる・・・大切にしたい習慣だと思います。

 今年は、お盆の間に棚経や墓経を頼んでくださるお宅が増えました。「棚経を受けて下さると知らなかった。」という声もききましたので、来年は事前にもっとお知らせをしようと思っています。

 お墓やご自宅の仏壇での読経は、お盆やお彼岸などの他、祥月命日などをきっかけとして僧侶をお招きすると良いでしょう。しかし、実は「思い立った時がベスト」なのです。しばらく、仏壇前で読経してもらっていないなぁ・・・と気になったら、菩提寺にお願いしてみるのがお勧めです。

 なお、慈雲寺では、どなたの御供養でもご相談に応じさせてていただきますので、お気軽にご連絡くださいませ。

◎今日の写真は、カナダのブリティッシュコロンビア州にあるサーモン氷河の周辺の雪渓から流れ出た水で生まれた小さな滝です。