慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は12月23日(日)10時より行います。テーマは「戒名」です。戒名の本来の意味、理想的な授かり方をご一緒に学んでみましょう。

8月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」と「満月写経の会」のご案内 & 慈雲寺へのアクセス

f:id:jiunji:20180824215112j:plain

 慈雲寺では、毎月、身近な話題を取り上げて、仏教のものの見方、考え方を皆さんと御一緒に考えようという、「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行っています。「講座」という名前がついていますが、難しいお話しではなく、仏教に親しんでいただくことを目標にしています。

 また、毎月の満月の夜には、お月見を兼ねた写経の会も行っています。「満月写経の会」は、筆ペンで気軽に『般若心経』の写経をしていただきます。一緒に心経の読経をしたり、毎月少しずつ心経の内容についても学んでみましょう。

 今月はこの二つの行事が同じ日に重なりました。

「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は8月26日10時より行います。

テーマは「幽霊と仏教」です。

 みなさんは幽霊と出会った経験がありますか?お寺や墓地は「幽霊の本場」(??)のように言われていますが、慈雲寺にも幽霊が出るでしょうか?いったい、仏教では幽霊を否定しているのでしょうか?それとも?

 ぜひ皆さんの体験やお考えも聞かせてください。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

 「満月写経の会」は8月26日の夜7時半からです。

 写経に必要な道具は全て揃っていますので、手ぶらでお気軽にご参加ください。字の上手下手は全く関係ありません。

◎慈雲寺で行われる宗教行事は全て無料です。仏さまやご先祖の御供養、お寺の維持のためにお気持ちを御喜捨いただければ幸いです。

◎慈雲寺への交通アクセス

 申し訳ありませんが、慈雲寺には十分な駐車場がありません。なるべく公共交通を使っておいでくださいませ。近くの有松ジャンボリーSCに大きな駐車場があり、無料で駐車できます。そこからお寺まで、北へ徒歩5分。

 なお、写経の会の時は、自動車でいらしても駐車可能です。(参加者の人数が少ないため)

★鉄道、バスのアクセス
 名鉄有松駅前から、「有松12番 有松町口無池行き 地蔵池経由」に乗ってください。日曜の9時台は二番乗り場から9時07分と36分に発車します。これらのバスに乗り、郷前(ごうまえ)の停留所でお降りください。そのまま道なりに進むと郷前の交差点に出ます。角に鍼灸院があり、その右手の細い坂道を上がると慈雲寺の屋根が見えてきます。
   また、時間はかかりますが、地下鉄の鳴子北駅から出ている「鳴子13番」のバスも郷前に停まります。日曜は8時45分にバスが出ます。
●地下鉄徳重駅からも郷前に停まるバスがあります。
●栄のバスターミナルからは森の里団地行きのバスが一時間に一本出ています。この場合は、郷前の停留所から道を戻って郷前の交差点に行ってください。日曜は8時50分発があります。所要時間は約40分
●JRの大高駅から緑循環バスの名鉄有松行で郷前に行くことができます。日曜は8時44分と9時44分に出発します。9時台のバスですと10時の開始時間には少し遅れますが、あわてずにおいでください。
●また、同じ緑循環バスの名鉄有松行は南大高駅東にも停車します。9時9分発です。
●JRの共和駅からタクシーで5分。市バスはありません