慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

9月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、8月22日(日)10時からです。テーマはお彼岸にちなんで「彼岸(お浄土)ってどんなところ?」です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

17日は満月です。お月見を兼ねて写経・写仏をなさいませんか?

f:id:jiunji:20190716224208j:plain

 慈雲寺では、毎月満月の夜にお月見を兼ねた写経・写仏の会を行っています。慈雲寺の境内は広くはありませんが、本堂の縁側からは、月が夜空を動いていく様子をゆったりと眺めることができます。

 写経は字の上手下手は全く関係ありません。阿弥陀様のお慈悲を感じながら、穏やかな気持ちで自分に向き合うのが第一の目的だからです。『般若心経』の写経をしますが、「南無阿弥陀仏」の御名号を写すこともできますし、愛らしい表情の仏様や菩薩さまの写仏も体験していただけます。

 用具は全て用意してありますので、お気軽にご参加ください。

7月の満月は17日です。7時半から、皆んなでご一緒に『般若心経』を読誦し、毎月少しずつ心経の内容についても学んでいきます。

 しかし、ゆっくり写経をなさりたい方は、早めにおいでになっても結構ですし、7時半に間に合わなくても慌てずにおいでください。

 広くはありませんが、駐車場もありますので、自動車でおいでになっても大丈夫です。慈雲寺の駐車場が満員のときは、近くの駐車場をご案内しますので、庫裏にお声がけ下さい。

 カーナビは「名古屋市緑区桶狭間上の山725 慈雲寺」で検索してください。電話は052-621-4045です。

◎今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は7月21日(10時)より行います。テーマは「お盆の意義と迎え方」です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。

◎今日の写真は、ネットの無料画像からお借りしました。