慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

8月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、8月21日(日)10時より行います。テーマは「そもそもカルトって何ですか?」です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

"新発心”さんが慈雲寺を訪ねてくださいました。とても嬉しい!

 

f:id:jiunji:20181224225410j:plain

 昨日の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を聞きに来て下さった方々の中に、”しんぽちさん”がいらっしゃいました。

 「新発心」とか「新発意」というのは、出家を決意し、得度したばかりの修行僧のことです。しんぼっちとか、しんぼち、しぼちと発音する宗派もあるようですが、私が得度したばかりのときに呼ばれた「しんぽちさん」という呼び方(たぶん正式ではないでしょうが)が好きです。

 昨日おいで下さった”しんぽちさん”は、まったくの偶然であるお寺に通うようになり、つい最近、そのお寺の尼僧さまから得度を勧められたそうです。

 「何度か遠回しに得度を打診されていたようですが、その時は全く気が付かなかった。」とのことですが・・・・これがご縁というもの、機が熟したということでしょう。

 この方は、以前に数回、慈雲寺の講座を聞きに来て下さっています。ブログも読んで下さっているとか・・・彼女の出家のきっかけというか、背中を押す小さな力の一つになれたのかも?と思うととても嬉しく思いました。

 ゆっくりお話したのは昨日が初めてでしたが、しなやかで健康な心を持った方だと感じました。美しいものに敏感な方だとも思いました。

 こういう方が尼僧のお仲間になって下さるなんて、なんとありがたいことでしょう。他宗派で出家なさるというのが、慈雲寺としては少し残念ではありますが・・・・

 私は、「尼僧」というものが、女性の生き方の選択肢の一つになって欲しいと思っています。そのために、何かお手伝いできることがあればとても嬉しく思っています。

 ただし、出家は何かからの「逃避」であったり、無理やり人生をリセットする手段としてはお勧めできません。苦しみや悲しみの体験は僧侶にとって大切なものですが、そこから逃げて出家しても、続けていくことは難しいのではと思うからです。

 今、何か大きな悲しみや困難に直面している方は、まず仏様の教えを受け入れ、仏教徒として生きることから始めてみてはいかがでしょう。そのためのご相談には、いつでも喜んで応じさせていただきます。

 慈雲寺の本堂はいつでも開いています。お茶も用意してありますから、どうぞ一服してください。

 いつでも自由に写経していただくこともできます。

 阿弥陀仏と向かい合って、手を合わせるだけで、心が落ち着き、きっと呼吸が緩やかになってくると思います。

◎今日の写真は伊豆の天城峠にある浄蓮の滝です。