慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

2月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、2月19日(日)10時より行います。テーマは「祖師たちの考える<老いと死>です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

明日(22日)の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」には、「いまさら聞けない!」という質問をぜひ持っていらしてください!(+慈雲寺へのアクセスのご案内)

f:id:jiunji:20191221135406j:plain

 慈雲寺では、毎月一回、「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行っています。「講座」という名前はついていますが、どなたにもお気軽にご参加いただける内容です。

 12月は22日(日)の10時より行います。テーマは「仏教とお寺のしきたりの基礎」です。

 一年の最後ですから、「はじめてお寺に出かける」気持ちに帰って、仏教の基礎知識を思い出してみましょう。

 「今更、こんなこと和尚さんに聞けない・・・でも知りたい!」というようなことがありましたら、ぜひ質問してください。

 「お釈迦さまにはたくさんの呼び名がありますが・・・」とか、「神社とお寺はどう違うのですか?」などのことから、ご一緒に考えてみましょう。

 どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。

 

 慈雲寺は浄土宗西山派西山浄土宗)に属していますが、伝統的な意味での檀家の無い、皆さまに開かれたお寺です。本堂は昼間、いつでも開いていますので、どなたでも阿弥陀様の前で、ゆっくり祈ったり、くつろいだりしていただけます。

◎慈雲寺で行われる行事は、原則として無料です。仏様への御供養や、お寺の維持のために、お気持ちを御喜捨いただければありがたく存じます。

◎仏事や、さまざまなお悩みなど、いつでもお気軽にご相談ください。

 電話052-621-4045

◎慈雲寺への交通アクセス

 申し訳ありませんが、慈雲寺には十分な駐車場がありません。なるべく公共交通を使っておいでくださいませ。近くの有松ジャンボリーSCに大きな駐車場があり、無料で駐車できます。そこからお寺まで、北へ徒歩5分。


★鉄道、バスのアクセス
 名鉄有松駅前から、「有松12番 有松町口無池行き 地蔵池経由」に乗ってください。日曜の9時台は二番乗り場から9時07分と36分に発車します。これらのバスに乗り、郷前(ごうまえ)の停留所でお降りください。そのまま道なりに進むと郷前の交差点に出ます。角に鍼灸院があり、その右手の細い坂道を上がると慈雲寺の屋根が見えてきます。
   また、時間はかかりますが、地下鉄の鳴子北駅から出ている「鳴子13番」のバスも郷前に停まります。日曜は8時45分に鳴子北駅からバスが出ます。
●栄のバスターミナルからは森の里団地行きのバスが一時間に一本出ています。この場合は、郷前の停留所から道を戻って郷前の交差点に行ってください。日曜は8時50分発があります。所要時間は約50分
●JRの大高駅から緑循環バスの名鉄有松行で郷前に行くことができます。日曜は8時44分と9時44分に出発します。9時台のバスですと10時の開始時間には少し遅れますが、あわてずにおいでください。
●また、同じ緑循環バスの名鉄有松行は南大高駅東にも停車します。9時9分発と10時9分発です。
●JRの共和駅からタクシーで5分。市バスはありません”

 

◎今日の写真は有松の旧東海道沿いの町並みです