慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

7月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、7月17日(日)10時より行います。テーマは、お盆の起源と言われている、目連尊者と地獄へ落ちてしまった彼の母親のお話です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

今夜(11月30日)は満月。お月見を兼ねて写経においで下さい

f:id:jiunji:20201130091559j:plain

 慈雲寺では、毎月、満月の夜にお月見を兼ねた写経の会を行っています。視界を遮られることなく、月がゆっくりと夜空を渡って行くのを眺めることができます。

 今月は11月30日夜7時半より読経を行います。

 7時半から『般若心経』をご一緒に読誦し、その後で心経の内容についても、毎月少しずつ学んでいきます。

 7時半に間に合わなくても、慌てずにゆっくりおいで下さい。また、早めにいらして写経を始めて下さっていてもかまいません。

 

 写経に必要な道具は全てご用意してありますが、筆ペンを用いますので、毛筆を使いたい方はご自分の道具をお持ち下さい。

 

 慈雲寺での写経の会は、おそらく日本で一番ゆるゆる、ゆったり・・・字の上手下手や、集中力のあるなしは全く関係ありません。どなたでもお気軽にご参加ください。

◎慈雲寺での行事は例外を除いては全て無料です。仏様やご先祖への御供養、そしてお寺の維持のためにお気持ちを御喜捨いただければ有難く存じます。