慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

5月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」5月26日10時より行います。テーマは「御祈祷、お守り、お札とは何か」です。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は極楽のガイド本についてです!

f:id:jiunji:20211120203822j:plain

浄土三部経の経典です。浄土系の寺院にはかならずお供えしてありますよ

 

 私はカナダで暮らしている間、ローカル新聞の旅行記事を書いたことがきっかけで、アメリカとカナダの旅行ガイドブックを書いて糊口ををしのいでいました。コロナ禍になってほぼ開店休業状態ですが、日本に戻ってからも生活費は旅行ライターで得ています。

 さて、浄土宗鎮西派浄土宗西山派浄土真宗時宗などの浄土系の宗派では、所依の経典として『阿弥陀経』、『無量寿経』、『観無量寿経』の三つの経典を大切にしています。これを『浄土三部経』と呼んでいます。

 これらの経典には、阿弥陀仏が仏となった由来や、阿弥陀仏による救いの内容、そして阿弥陀さまの仏国土である極楽の様子が華麗な表現で説かれています。

 極楽への行き方、極楽の様子など、まさに極楽へのガイドブックと言って良い(??)のではないでしょうか?

 そして僧侶は阿弥陀仏のお慈悲や極楽のすばらしさをわかりやすく解説するガイドかも??

 というわけで今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座のテーマは「浄土三部経」です。

11月21日(日)10時より慈雲寺の本堂で行います。

 本堂の扉は開けたままにしますので、どうぞ暖かな服装でお越し下さい。

 慈雲寺への地図や公共交通の案内は、慈雲寺のホームページ jiunji.weebly.com のCONTACTのページをご覧下さい。

 

 どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。