慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、12月18日10時より行います。テーマは「鎌倉仏教入門 Part 1」です。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加下さい。

鳴海中日文化センターの秋期講座のテーマは「宗教って何だろう?」です。

 東大寺の大仏殿を守る天部の足元に美しい光が当たっていました。

 

 いつも、なかなか手厳しいコメントを残してくださる「ももはな」さんが、「統一教会の問題を宗教界がどう受け止めているのか」に興味があると書いた私のブログの記事に対し、「どう受け止めているかじゃなくて、住職がどう受け止めて、どう行動するかだと思うよ(^^)/」というコメントを書いて下さいました。

 やれやれ、まさにご指摘の通りです。

 だからというわけではないのですが、10月から始まる鳴海中日文化センターの「尼僧と学ぶやさしい仏教入門」秋期講座では、宗教そのものをテーマにしてみました。

タイトルは「宗教とは何か?宗教は必要か?ー--仏教の立場からの考察」と、ちょっと硬い感じですが、身近な話題から宗教とは何なのか?どのように私たちの生き方、考え方、文化、政治に影響を与えているのかなどを考えてみたいと思います。

 3回の講義ですが、どなたにもわかりやすいお話を心がけています。宗教は必要なのか?という、ある意味、僧侶としての私にとってもなかなか難しい話題ですが、浄土仏教の立場からあらためて考えてみたいと思っています。

 ももはなさんのコメントへの答えも、講義の中に入れるつもりです。

 

 興味を持って下さった方は、電話0120-538-763までお問合せ下さい。

「尼僧と学ぶやさしい仏教入門」の講義は毎月、第二日曜の13時半から15時までです。第一回目は10月9日から始まります。