慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

3月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は3月17日(日)10時より、お彼岸の法要も兼ねて行います。テーマは「法然上人が開いた『浄土門』とは何だったのか?その2」です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。

2015-10-01から1ヶ月間の記事一覧

経典に出てくる「数」の比喩がおもしろい!PART1 

仏教の経典は、ほとんどの場合、一つのストーリーが語られています。ですから、経典の現代語訳の本を見つけたら、ぜひ手に取ってみてください。特に『観無量寿経』というお経は親子の葛藤から物語が始まっていて、やがてすべての凡夫が阿弥陀仏によって極楽…

おかげさまで、教階試験に合格しました!!

先週、慈雲寺が属する西山浄土宗の総本山光明寺で「教階審査」というものがありました。10月24日の記事にも書きましたが、これは僧侶の中で説教師の道を選んだ人たちに与えられる試験のことです。 私は9年前に一番し下の「補教」という資格をいただきま…

お説教の勉強会で実演しました。(Part1)

昨日は尾張一宮の常念寺という大きなお寺で御十夜の法要がありました。御十夜は、お釈迦様がお勧めくださったさまざまな善行を行うことがとても難しいこの現世の中で、信仰を同じくする者が励ましあって徳を積むために集まるものです。以前は10日間にわた…

説教師の「試験」を受けてきました。

インフルエンザから始まった“不調”の10月は、残念ながらまだ続いています。インフルエンザと軽い肺炎は治ったのですが、まだケホケホ・ゴッホンの咳が続いています。どうやら、アレルギー性の喘息に移行したらしい・・・情けなさすぎる。 青菜に塩状態で過ご…

10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」のご案内と慈雲寺へのアクセス

今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、10月18日(日曜日)午前10時より慈雲寺本堂で開催いたします。 今回のテーマは「法蔵菩薩って誰ですか?」 一切の条件を付けずに私たちを極楽へ迎えとってくださる阿弥陀さまの前身は、ある国の国王でした。深い慈…

ようやく朝の勤行を再開しました!

「サボテンに襲撃された!」なんて記事をアップして以来、2週間も沈黙していたので、いろいろな方から「どうしたの?」とメールをいただきました。 実はインフルエンザと軽い肺炎を併発、すっかりへたばっておりました。爆撃のように大量の抗生物質を飲んだ…