慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

愛知県では緊急事態宣言が延長されましたので、残念ながら慈雲寺で行う予定だった「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は中止いたします。なお、お彼岸中の「當麻曼荼羅御開帳」や「満月写経の会」は予定通り行います。

中秋の名月は雲の陰

f:id:jiunji:20210922071726j:plain

今年の中秋の名月は雲に隠されて眺められませんでした

 

 昨夜(9月21日)は、旧暦(太陰暦)の8月15日。旧暦では7月から9月が秋なので、8月15日はちょうど秋の真ん中というわけです。この時期は空気が澄んで、月が輝きを増すので、中秋の名月と言われるようになったのでしょう。しかし、実は満月と中秋が重なるのは案外少ない。え?15日は毎月満月じゃないの?・・・・月が楕円形の軌道で動いているので、太陰暦の15日がぴったり満月にはならないらしい。小学生の理科でした。

 

 というわけで、慈雲寺では毎月、お月見をかねて写経の会を行っているので、中秋の名月を楽しみにしていました。月見団子も届けていただいたし、ススキもご近所を走り回ってゲット。はさみを持って空き地に進入する坊主・・・ちょっと怪しすぎました。

 でも、残念ながら昨夜はお月様を眺めることはできませんでした。あの雲の上で輝いているのだろうと、思われる、雲の色が少し明るくなっているところは見えたのですが・・・

 

 阿弥陀様は、いつも私たちをその広大はお慈悲で照らしてくださっているのですが、仏の救い、仏の願いが見えずに迷っている私たち。雲を吐き出しているのは私たちの煩悩です。厚い雲を自らの力で消すのは大変な努力と覚悟が必要です。

 しかし、阿弥陀様の救いについて説いて下さったお釈迦様の言葉に素直にうなずけば、月の光は誰の心にも染み込み、柔らかに輝きます。

 私たちの目はしばしば曇ってしまうけれど、心を照らす光はけして消えることはありません。

 

 下を向いてため息ばかりの夜は、空を見上げてみましょう。思いがけず、月や星を眺められることもありますよ。夜はけして哀しく、さみしいものではないことに気がつくでしょう。暗いからこそ、気がつく光もあるのです。

彼岸花が咲いて、極楽への「白い道」を彩っています

f:id:jiunji:20210920212726j:plain

豊田市の紅葉の名所香嵐渓を散歩していたら、開き始めたばかりの彼岸花にであいました。

 

 今日は彼岸の入りです。朝からお墓参りにおいでになるご家族が次々と・・・おはぎや彼岸団子をお供えして下さるかたもいらして、「こちらは庵主さんの分!」と嬉しいサプライズもありました。

 

 数日前、所用で豊田市に出かけたとき、香嵐渓で一休みしたのですが、川岸のところどころに彼岸花が咲いていました。毎年、お彼岸のときに花盛りになるから不思議ですね。

 「お彼岸」は、春分秋分の日を中心に前後3日ずつ、7日間続く宗教行事です。実は、お彼岸は日本独自のもので、聖徳太子の時代から続いていると考えられています。

この世(此岸)から極楽(彼岸)へ渡るための心構えや修行について改めて考え、少しでも実行していこうと決意する大切な一週間です。

 春分秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈んでいきます。極楽は西方にあると経典には説かれていますから、沈む太陽を眺めて「お浄土」を想像したのでしょう。

 この太陽の特別な動きは、世界のさまざまな文化や宗教で特別視されてきました。エジプトでは、この日だけ神殿の奥まで太陽の光が届くように設計されているものがありますし、ケルト族の人々はメイボンと呼ばれる収穫祭を祝っていました。

 

 お墓参りにお出かけになる方は、ぜひお寺の本堂でご本尊にもお参りなさってください。

 

 極楽へ続く白い道の両側には紅蓮の炎と逆巻く波が押し寄せています。その道は一見頼りなさそうな細い道ですが、お釈迦様のお勧めにしたがって歩き出せば、阿弥陀様が必ず迎えとってくださいます。安心して歩いていきましょう。

 

◎お彼岸の期間中は、慈雲寺本堂で『観無量寿経』に説かれた極楽の様子を描いた當麻曼荼羅の御開帳を行っています。お近くでお参りになり、阿弥陀様とのご縁を深めてください。

目からうろこが落ちた!これだから古本屋さんはやめられない!

f:id:jiunji:20210919144720j:plain

古書店が消えていくのは本当にさみしい・・・

 

 毎月一回、鳴海駅の近くにある中日文化センターで講義(というほど立派なものではありませんが・・・)をさせていただいています。このセンターのお隣に「鶴亀二号」というなんとも不思議な名前の古書店があります。

 講義が終わると、この古書店についふらふら入ってしまいます。奥の方には宗教関係や歴史関係の本も多く、お値段もそれなり。講義のお手当てよりもたくさん買ってしまうこともありそうで怖い・・・と、思っていたら、入り口付近の「100円均一」の棚もけっこう危険でした・

 私は少々汚れていたり、書き込みがあったりする本でも全然気にならないので、それが理由で安値になっている本はとてもありがたいです、

 100均本の良いところは、値段が安いので「ちょっとおもしろそう」というぐらいの本でも気軽に買えること。おかげで、いままで全く縁のなかったジャンルの本とも出合えます。

 最近のピカイチ収穫は、磯田道著『歴史の読み方解き方』(朝日新書)です。この人は『武士の家計簿』という映画にもなった本も書いている歴史家です。

 この本は江戸期の日本における危機管理がどのように行われていたのかを明快な文章であらわしたものです。読んでいる間に、何度も「目からうろこ!」と思うようなことが出てきました。

 例えば「行政をやるとか、戦争に勝つとか、商売で利益をあげるとか、そういう目的達成のためにつくられた人工的な大規模組織=大ゲゼルシャフトは、近世においては、武士の作っている『藩』しかない。・・・・近世武士を結びつけた藩システムは、濃尾平野織田信長が発明し、豊臣秀吉が改良し、徳川家康が全国展開したものです。」

 おお!ちょっと考えれば当たり前・・・高校のときに、こんな風に教えてもらえば、戦国時代にもっと興味が持てたのに!私は中世の武士団と江戸時代の武士団の違いについて深く考えたことなかった。う~~~ん

 豊臣秀吉の「刀狩り」は実は全国民の武装解除を行ったものではなく、そもそも成功などしなかった。江戸時代を通して、日本の民間から刀や銃が消えることはなかった・・・そうです。ひぇ~~~知らんかった!

 

 100円でずいぶん得をした気分。これだから古本屋めぐりはやめられない。

極楽ってどんなとこ? 秋彼岸の『當麻曼荼羅』御開帳

f:id:jiunji:20210916212222j:plain

極楽(彼岸)の姿を描いた『當麻曼荼羅

 

 『當麻曼荼羅』は、「観無量寿経」に基づいて極楽の様子を描いた、観経曼荼羅の一種です。しかし、この曼荼羅は中国の浄土教を確立し、法然上人に大きな思想的影響を与えた善導大師が、観無量寿経の解説をした観経疏」に基づいている特殊なものです。

 原本は奈良の当麻寺の御本尊で、巨大なものです。慈雲寺には8分の1サイズ(それでもかなり大きいですが)の模写があります。

 お彼岸の期間中は、この模写を御開帳いたしますので、ぜひ極楽(彼岸)の様子を想像しながら阿弥陀仏へのご縁を深めてください。

 

 この曼荼羅の中央には教えを説いている阿弥陀仏が描かれ、後ろには美しい宮殿、たくさんの菩薩たち、蓮の花々などが細かな描写で表現されています。

 ご先祖が修行をしておられる極楽を思うことは、とても良いご供養になることでしょう。

 

 ご開帳のときは、拡大鏡なども用意しますので、お近くでゆっくりとご覧ください。

 本堂が開いているときは、いつでもご遠慮なく本堂にお上がりになりご参拝ください。

ゴーヤが花とおいしいパンに変身・・・わらしべ長者気分の一日

f:id:jiunji:20210914203027j:plain

ガンジス川の朝焼け

 

 慈雲寺の周辺には、畑や果樹園で作物を作っている人がまたたくさんいます。家族で食べる分だけとか、販売は農協の朝市や自宅の前の無人スタンドでだけ・・・という規模の方が多いようですが。

 それぞれの作物の「初物はお供え」と、お寺に持ってきてくださる方や、旬のときに「今が一番おいしいから!」と持ってきてくださる方もいます。

 昨日は「ゴーヤがちょっと採れすぎたから、お参りに来る人たちに食べてもらってください。」と大きな箱いっぱいいただきました。

 さっそく、いつも色々と助けて下さるかたがたに電話。箱に「お供えのおさがりです。ご自由にお持ちください」という張り紙もしました・

 すると、「ゴーヤいただきますねぇ」という声が朝から!お庭に咲いていた花をどっさり抱えてきて下さいました。次はおいしいパン!そしてさらには鯖寿司まで・・・

わらしべ長者みたいですね。

 

 先日は「親戚から、今年の新米が届いたので、庵主さんにもおすそわけ」と言って、新米をお供えしていただきました。

 お米のお供えって・・・なんだか、本当に「村のお坊さん」の暮らしって感じですよね。不思議な幸せを感じます。

 

 お彼岸に備えて、境内の草引きにもせいを出さなければいけません。今日は「雨が降ってきちゃったからぁ・・・」と怠けてしまったのですが。

 私もゴーヤを使ってゴーヤチャンプルを作りましょうか。きっと元気がわいてくるはず!

 みなさま、本当にありがとうございます。阿弥陀様も弘法大師様も、もちろん私もニコニコです。

怨みを捨ててこそ怨みは止む・・・9.11から20年の日に思う

f:id:jiunji:20210912203536j:plain

アフガニスタンは、もともとシルクロードの要所として、仏教も盛んな美しい国でした。



 昨日の9月11日は、米中枢同時テロが起きてから20年を迎える日でした。あれからさらに激しくなった米国による「対テロ戦争」は、100万人以上の死者を出しても、結局成果(アメリカが考える成果)のないままです。

 お釈迦様は『ダンマパタ』という原始経典の中で「この世において、怨みを以って怨みに報いれば、怨みは決して止むことはない。怨みを捨ててこそ怨みは止む。これは永遠の真理である。」

 テロを止めさせたければ、爆撃で人々を追い詰めるのではなく、人々が穏やかに生きていかれるように援助すべきでしょう。その国のことは、その国民が決めるべきで、外国の価値観を押し付けても結局、誰も幸せにならない。

 

 あれから20年か・・・と昨日は一日、心の重みに打ちのめされたような気持ちになりました。9.11で生活に大きな変化があった人は世界中にたくさんいることでしょうが、実は私も少なからぬ影響を受けました。

 

 あの日、私はカリフォルニア州の取材に出かけていて、パームスプリングスに滞在していました。贅沢なリゾートホテルとテレビから流れるニュースの違和感と居心地の悪さが強く印象に残っています。

 翌日はディズニーランドの取材でした。世界貿易センターペンタゴンアメリカの「象徴」が標的になったなら、次はディズニーランドの可能性も高いのではという考えも浮かんできましたが、問い合わせると11日は休園するが、12日からは営業するとのことでした。

 こんなときに「世界で一番幸せな場所」という幻想に浸りたい人がいるのかなぁ?そこにのこのこ取材に行く自分もなんだかなぁ・・・

 

 パームスプリングスからLAまでの長いドライブの間、ラジオを聴いていたら、次々と一般の人がラジオ局への電話で「ご意見」を述べていました。ごく一般的な人たちだと思えるのですが、興奮した声で、なんとも乱暴なことを言い募る人ばかりです。

 「核兵器を使って、アフガンもイラクも徹底的に破壊しろ!日本のカミカゼだって原爆で黙ったぞ!」なんて声も聞こえてきました。

 米国の中でも比較的リベラルな人が多いといわれるカリフォルニアですら、こんな論調だったのですから、保守派、いわゆる「愛国派」の人が多い地域はどんなだったでしょう。

 

 その放送を聴いているうちに、日本の出版社からアメリカやカナダの旅行ガイド本を出してもらっていた私の仕事も崩壊していくのを感じました。

 北米への日本からの旅行客はこれで激減するでしょうし、「旅行ガイド本」自体がネットの情報に押されて販売数が急激に減るであろうことが容易に想像できたからです。

 そして、その予測は数ヶ月もしないうちに現実となったのです。

 

 旅行ガイド本のライターとしては、ほぼ失業状態となりました。もう、一人のライターが丁寧に取材をして本にまとめるなどという、コストも時間もかかるやり方は時代遅れになってしまったのです。

 おそらく私は海外旅行のガイド本の単独ライターとしては、最後の人になってしまったようです。

 

 しかし、そのきっかけがなかったら、私は桶狭間のお寺の住職になっていたかどうかわかりません。万事、阿弥陀さんとのご縁だったのでしょう。不思議なことです。

 

 9.11の犠牲者のかたがたの供養をさせていただきながら、アメリカの人々が、「被害者」としての自分たちのことばかりでなく、自分たちが「加害者」でもあること、アフガンの人々の爆撃を受ける悲しみ、痛みにも想像をめぐらせてほしいと祈っていました。

 

 

お位牌について相談を受けました Part 3

f:id:jiunji:20210910211151j:plain

ブッダガヤで見た壁画。お釈迦様の涅槃の様子を描いたものでしょう。

 

 お位牌について考えていたら、数年前に聞いたお説教のことを思い出しました。

 私は宗派にかかわらず、僧侶のお説教を聴く機会があれば、できるだけ参加させていただきたいと思っています。名人と言われる方のお説教はもちろんのことですが、勉強中の若い修行僧のお説教も、いろいろと学ぶところが多いのです。

 

 数年前、ある僧侶が東日本大震災のときのことを話し始めました。彼の体験ではなく、友人から聞いた話だそうです。

 地震がおき、津波の危険が迫っていると警報が出てとき、A青年は自宅に同居していた祖父母を高台の学校に連れて行きました。しかし、老人たちは「お位牌を連れてくるのを忘れた!」と慌てたそうです。Aさんは、それを聞くと急いで自宅へ戻っていきました。その直後、町は津波に飲み込まれてしまいました。

 Aさんは行方不明となり、しばらくしてからAさんが背負っていたデイバックだけが発見されました。その中にはお位牌が全部入っていたそうです。

 

 説教師の僧侶は、この話を感動的な悲劇として語り、位牌がA家に戻ったことを「仏様のご加護」と表現していました。

 この説教師はなかなか表現力もあるし、声も良く通って聞きやすいお説教でした。聞き手の人々も、涙を流している人も多く、心を揺さぶられるお説教だったようです。

 

 しかし、私は聞いているうちから「????」という疑問符で頭がいっぱいになるほどでした。命がけで位牌を護ったA青年の自己犠牲は、仏教の教えから見て賞賛されるべきことなのでしょうか?

 ジャータカ物語を読むと、お釈迦様の前世の物語の中で、空腹の動物に自らの体を犠牲にして与えるなど、自己犠牲を繰り返したことが述べられています。

 A青年の行為は大きな功徳を積む善行ととらえるべきなのでしょうか?

 

 前回もお話したように、私は、長い時代を経たお位牌が並ぶ仏壇を素晴らしいと思いますし、先祖の位牌を受け継ぐ環境で暮らせることは幸せだと思っています。しかし、それらはA青年の命を懸けるべきものだったのでしょうか?

 位牌のことを頼んだ祖父母は、孫が身代わりとなって届けてくれた位牌を前にどのような思いだったのでしょう?A青年の父母と祖父母との関係はその後どうなったのでしょう?

 知りたい「その後」が山ほどあったのですが、説教師は全くそれに触れませんでした。

 

 その説教師は、この話を通して、いったい何を伝えたかったのか?どこに仏の教えがあるのか?まだ結論が出ぬままです。