慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

12月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は12月17日10時より行います。テーマは「廃仏毀釈とは何だったのか」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

阿弥陀様はいつでも貴方を思っています。

f:id:jiunji:20170813220343j:plain

 今日のインターネットニュースで、日本で最も豪華な特別列車「四季島号」の事故を読みました。亡くなった方は、線路に横たわっていたと報じられていますから、これは事故ではなく、自殺の可能性が高いように思います。

 カナダに住んでいたとき、サンクスギビングやクリスマスの休暇中に自殺率が高くなるという記事を読んだことがあります。これらの時期は、家族で集まって食卓を囲むのが伝統です。サンクスギビングは自分の両親の家に集まったら、クリスマスは夫の家族のところへというように分けている家族も少なくありません。

 そんな時期に、何等かの理由で一人で過ごさなければならなかったら・・・孤独に打ちひしがれてしまう人がいても不思議はないでしょう。

 日本だったら、お正月とお盆が、「家族が集うとき」ですね。しかし、家族が集まれば、それぞれが抱える問題が浮かび上がってくる可能性もあります。孤独感がかえって深まる場合もあるでしょう。

 自分が孤立していると感じるとき、ぜひお寺にいらしてください。仏様の前でゆったりと手を合わせてみれば、阿弥陀様や観音様の優しい表情に気が付くでしょう。

 私たちは阿弥陀様に願われている身の上です。阿弥陀様は何の条件も一切つけずに、私たち全てを救ってくださっているのです。そのことに気が付けば、もう私たちは孤独に押しつぶされることはないのです。

 阿弥陀様はいつでも、貴方を思ってくださっています。

◎今日の写真は、インドのブッダガヤにあるタイ系のお寺で修行する少年たちの姿です。