慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

5月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」5月26日10時より行います。テーマは「御祈祷、お守り、お札とは何か」です。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

9月の慈雲寺の行事予定

 9月になりました。日中は相変わらず暑いですが、早朝は心地よい涼しさの日が多くなってきましたね。

 さて、9月の行事予定です。慈雲寺の行事は、特別な場合を除いて、全て無料です。仏様やご先祖へのご供養、お寺の維持などのため、お気持ちをご喜捨いただければありがたく存じます。

 慈雲寺は皆さんのお寺です。お宗旨に関わらず、どなたでも歓迎いたしますので、どの行事もお気軽にご参加ください。

 

9月8日(旧暦の7月24日)地蔵盆

 慈雲寺周辺では、地蔵盆は8月24日と思っていらっしゃる方が多いのですが、実は旧暦(太陰暦)の7月24日が正式な日にちです。慈雲寺では、できるだけ旧暦にあわせて行事をしたいと考えています。

 今年は9月8日が旧暦の7月24日です。お地蔵様の御縁日に、ぜひお参り下さい。

この日は本堂の左手奥に、日頃は秘仏となっている地蔵菩薩さまを御開帳いたします。

10時から短い法要をして、お地蔵さまのお話をいたしますが、御開帳は全日、いつでもお参りいただけます。

 また、慈雲寺の駐車場にある地蔵堂は、江戸時代からこの周辺で大切にされてきたお地蔵さまです。こちらもぜひお参り下さい。

 

9月17日10時より 尼僧と学ぶやさしい仏教講座

 テーマ:『二河白道図』の絵解き説教

 「二河白道」は中国で浄土教の教えを確立した善導大師が、念仏者の信仰を説いた譬喩です。これを絵にしたものを絵解きするお説教は、長い伝統を持つ浄土教の布教方法です。

 

9月20日 10時より お彼岸の合同法要

 お彼岸の入りの日にご一緒にご先祖のご供養をいたしましょう。お宗旨にかかわらず、どなたでもお気軽にご参列ください。戒名を書いたものをご持参いただければ、個別にもご供養いたします。

 

★お彼岸の期間中、墓地やご家庭の仏壇での読経をご希望の方は慈雲寺(℡052-621-4045)までご相談ください。

9月29日 夜7時半より 満月写経の会

 お月見を兼ねた写経の会です。『般若心経』の内容についても、少しずつ学んでいきます。写経に必要な用具は揃っています。初心者の方もお気軽にご参加ください。

 

◎慈雲寺へのアクセス

 お車でおいでの方は、国道23号線の有松インターで降りて北上してください。カーナビに慈雲寺の電話(052-621-4045)を入力してすれば探しやすいでしょう。しかし、慈雲寺には十分な駐車場がありません。できるだけ公共交通をご利用下さいませ。

 バスは、大高駅南大高駅、有松駅、鳴子北駅などから市バスが出ています。郷前(ごうまえ)というバス停で下車し、郷前の交差点まで1分ほど歩いてください。交差点南東側に接骨院があり、その後ろに見える大きな屋根が慈雲寺です。接骨院の右側に細い道がありますので、そこを通ってお寺においでください。

 なお、バスの時刻表は、名古屋市交通局の時刻表をご参照下さい。https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/bus/timetable.htm