慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

5月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」5月26日10時より行います。テーマは「御祈祷、お守り、お札とは何か」です。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は4月21日10時よりおこないます。

 桜もすっかり葉桜。新緑もあちこちで輝くようになりました・・・でもねぇ・・・・今日の最高気温はすでに25度。もう夏の日差しです。名古屋の猛暑は全然慣れない!

というわけで、新緑の美しさも夏を予感して少しトホホな気分の今日この頃です。

 

 さて、慈雲寺では毎月「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行っています。「講座」というタイトルはついていますが、どなたでも解りやすいお話を心がけています。

 どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

 

今月は21日(日)10時より行います。

テーマは「法然上人の開いた『浄土門』とは何か。Part 3」です。三回連続でのお話ですが、一回目、二回目を聞き逃した方でもご理解いただけるようにお話します。

 今回は、法然上人が開いた浄土の教えを弟子たちがどのように受け止めたのかを中心にお話します。法然上人にはたくさんのお弟子がいましたが、今に残っているのは、

弁長上人から始まる浄土宗鎮西派親鸞聖人から始まる浄土真宗、そして証空上人からはじまる浄土宗西山派の三つのながれだけです。

 慈雲寺は西山派の流れをくむ西山浄土宗に属しています。

 弁長、親鸞、証空は、師の法然上人の教えをそれぞれに受け止めながら、強調するところが違うのが興味深いので、お三方の受け止め方の特徴をご一緒に学んでいきましょう。

◎慈雲寺へのアクセス

 お車でおいでの方は、国道23号線の有松インターで降りて北上してください。カーナビに慈雲寺の電話(052-621-4045)を入力してすれば探しやすいでしょう。しかし、慈雲寺には十分な駐車場がありません。できるだけ公共交通をご利用下さいませ。

 バスは、大高駅南大高駅、有松駅、鳴子北駅などから市バスが出ています。郷前(ごうまえ)というバス停で下車し、郷前の交差点まで1分ほど歩いてください。交差点南東側にお蕎麦屋さんがあり、その後ろに見える大きな屋根が慈雲寺です。お蕎麦 さんの右側に細い道がありますので、そこを通ってお寺においでください。

 なお、バスの時刻表は、名古屋市交通局の時刻表をご参照下さい。https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/bus/timetable.htm

★慈雲寺へのアクセス情報や周辺の地図などは慈雲寺のホームページ  jiunji.weebly.com  をご覧ください。