慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

6月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、6月16日(日)10時より行います。テーマは聖徳太子と仏教です。父の日に、日本仏教の父とも言える聖徳太子についてご一緒に学びましょう。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は7月16日(日)に行います。

 高湿度、高温の日が続いています。皆さま、どうぞくれぐれもご自愛ください・・・と言いながら、私は心身共に、すっかりへたばっておりました。

 さらに心に打撃がきたのメダカです。今朝、餌をやろうとしたら、一匹死んでいるのを見つけてしまいました。水温が上がり過ぎたせいかもしれません。あわてて日よけの布をかけたのですが、これから長く続く夏の対策を考えてあげなければならないでしょう。

 慈雲寺の裏庭はすっかりジャングル。でも、夏咲いてくれる花が少ないのが残念です。スイレンだけは私を慰めてくれるように、今日も咲いてくれています。

 

 さて、今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は7月16日(日曜)の10時より行います。

 今回は日本に称名念仏の教えを確立した法然源空法然上人)と、その三人の高弟、証空・弁長・親鸞についてお話したいと思います。三人は、それぞれ師僧の法然上人の教えを真摯に受け止めましたが、強調するポイントはそれぞれでした。

 日本の浄土教の発展の歴史についても簡単にお話したいと思っています。

 この講座は、「講座」という名前はついていますが、どなたでもお気軽に聞いていただけるお話を心がけています。

 どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。

◎慈雲寺へのアクセス

 お車でおいでの方は、国道23号線の有松インターで降りて北上してください。カーナビに慈雲寺の電話(052-621-4045)を入力してすれば探しやすいでしょう。しかし、慈雲寺には十分な駐車場がありません。できるだけ公共交通をご利用下さいませ。

 バスは、大高駅南大高駅、有松駅、鳴子北駅などから市バスが出ています。郷前(ごうまえ)というバス停で下車し、郷前の交差点まで1分ほど歩いてください。交差点南東側に接骨院があり、その後ろに見える大きな屋根が慈雲寺です。接骨院の右側に細い道がありますので、そこを通ってお寺においでください。

 なお、バスの時刻表は、名古屋市交通局の時刻表をご参照下さい。https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/bus/timetable.htm