慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

8月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、8月26日(日)10時より行います。テーマは「幽霊と仏教」です。どなたでもお気軽にご参加ください。

孤独を楽しめる心を育む、信仰・図書館・美術館

f:id:jiunji:20180209110948j:plain

 私が親から受けた恩は山ほどありますが、特にありがたいと思っているのは、「本を読むのは面白い!本は何処へでも私を連れて行ってくれるし、けして離れない友達でいてくれる」ということと、「美術館や博物館は、最高の娯楽だ!」、そして「神社やお寺、お墓参りは楽しい!」ということを教えてもらったことです。

 偶然なのですが、私は実家にいるときも、カナダにいたときも、いつも図書館のすぐそばに暮らしていました。慈雲寺に赴任して、不満はほとんどない、むしろ私のようなものには有難すぎる環境なのですが、一つだけ・・・図書館が遠い!一時間に一本のバスに乗って40分もかかる・・・おまけに古本屋街も遠い!

 あ、つい興奮してしまいました。

 信仰・図書館・美術館の良いところは、一人で楽しめること。自分がどんな状況でも阿弥陀様は受け入れてくれるし、本もいつも私を待っています。美しい美術品や歴史的な遺物は、本来なら近づけもしないものでしょうに、現代に生きていて良かった!

 そして、信仰・読書・芸術はたくさんの人と一緒に楽しむこともできるのがさらに良いところです。仏様と一人だけで向き合うのも良いし、同じ信仰を持つ同朋・同行と一緒も嬉しい。本について語りあうのは楽しいし、一緒に美術館や博物館に行ける友もありがたいですね。

 孤独を楽しめる心を育むには、本と芸術が一番では?そして利他の心を養う信仰が大事だと思います。

◎今日の写真は北京の郊外で見たスクーター(?)です。ちょっと欲しいな。