慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

4月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、4月21日(日)10時より行います。テーマは「法然上人がひらいた『浄土門』とは何か。Part 3 」です。法然上人の弟子、弁長、親鸞、証空が、師の教えをどのように受け止めていたのかをご一緒に学びましょう。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

十一月の慈雲寺の催しのお知らせ

f:id:jiunji:20191101180803j:plain

 玄関先のクレマチスが小さな花を咲かせました。もうとっくに夏は終わったのにと、少し哀れな気持ちになります。今日から11月です。でも、お月参りの衣はまだ夏衣もまま。冬用では略衣でも汗ばんでしまうからです・

 さて、今月も写経・写仏の会と「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行います。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

 

1)11月12日夜7時半より

 慈雲寺では、毎月満月の夜にお月見を兼ねた写経・写仏の会を行っています。おそらく日本で一番(??)ゆるやかな写経の会です。自分の気持ちにゆるやかに向かい合って、写したいだけ経文を書くというのが基本です。

 7時半から、皆で『般若心経』を読誦し、毎月少しずつその内容についてもご一緒に学んでいきます。しかし、早めにいらしてゆっくり写経をしても良いですし、時間に遅れていらしても大丈夫です。

 写仏は、イラスト風の和やかな仏様のお姿を写します。こちらも、どなたでも気軽に体験していただけます。

 

2)11月24日(日)10時より 「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」

今月のテーマ「”信じる”とはどういうことか?」

 仏教における「信」の問題をご一緒に考えてみましょう。隠れキリシタンを題材にした遠藤周作の小説『沈黙』について触れますので、事前に読んでいただけるとありがたいです。ちなみに今、fuluでこの小説を元にした映画を見ることもできます。

 「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、身近な話題を題材にして、仏教というものの見方、仏教の目指しているものなどについてご一緒に学んでいます。「講座」というタイトルはついていますが、どなたでもお気軽にお聞きいただける内容です。

 

3)毎週土曜・日曜の朝7時半より

NHKの基礎英語1をテキストに、簡単な英会話を練習する会です。ゆっくり進んでいきますので、どなたでも、いつからでも始めていただけます。

 

お問い合わせは慈雲寺(052)621-4045へどうぞ。

◎今日の写真は、紅葉で有名な京都の永観堂阿弥陀堂内に描かれた天女です。