慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

2月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は2月25日(日)10時より行います。テーマは「法然上人が開いた浄土門とは何か」です。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

遅くなりましたが、5月の慈雲寺の行事予定です。

 自称イングリッシュガーデン、現実は雑草に侵略されてギブアップ状態の裏庭にアイリスがびっくりするほどたくさん咲きました。とても美しいパープル。花の期間も長く、毎朝嬉しくてニコニコしてしまいます。その間にも雑草はたくましく育ち続けているのですが・・・・

 

 さて、大変遅くなりましたが、5月の慈雲寺の行事のお知らせです。

 

〇毎朝7時半より 朝の勤行

     『般若心経』を中心にした短い勤行を行います。心経の読経で一日をスタートしましょう。早朝に月参りなどの予定がある日は外出していることもありますが、ご自由に本堂に上がり、お参りをなさってください。

 

〇5月6日 夜7時半より 満月写経の会

     慈雲寺では、毎月満月の夜にお月見を兼ねた写経の会を行っています。道具は全て揃っていますので、初心者の方もお気軽にご参加ください。7時半から、『般若心経』の読経を行い、毎月少しずつ心経の内容も学んでいきます。

 

〇5月9日、10日 弘法大師の御正当日(お身拭い)

  旧暦の3月21日は弘法大師が深い禅定にお入りになった日です。今年は太陽暦の5月10日がその日に当たります。

 毎年、慈雲寺では、御正当日にお大師さまの御像のお身拭いを行っています。お像を磨くことによって、お大師さまとのご縁を深めて下さい。特に体に不調のある方にはご利益があると言われています。

 9日の10時から、お像を下におろし、短い法要とお大師さまのお話をいたします。

10日は全日、ご自由に本堂に上がり、お身拭いを体験してください。 

〇5月21日10時より 尼僧と学ぶやさしい仏教講座

            テーマ:仏教の基礎再入門(2)仏教の歴史的歩み

 

 慈雲寺の行事は特別な場合をのぞいて、どなたでもご参加いただけます。お気軽においでくださいませ。

◎慈雲寺へのアクセス

 お車でおいでの方は、国道23号線の有松インターで降りて北上してください。

 バスは、大高駅南大高駅、有松駅、鳴子北駅などからバスが出ています。郷前(ごうまえ)というバス停で下車し、郷前の交差点まで2分ほど歩いてください。交差点南東側に接骨院があり、その後ろに見える大きな屋根が慈雲寺です。接骨院の右側に細い道がありますので、そこを通ってお寺においでください。

 なお、バスの時刻表は、名古屋市交通局の時刻表をご参照下さい。https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/bus/timetable.htm