慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

7月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、7月17日(日)10時より行います。テーマは、お盆の起源と言われている、目連尊者と地獄へ落ちてしまった彼の母親のお話です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

今月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」のテーマは「戦争と仏教」です。

犬山市の有楽苑で見た石畳

 

 慈雲寺では、毎月一回、身近な話題を取り上げて仏教のものの見方、考え方についてのお話をしています。どなたにもわかりやすいお話を心がけています。

 どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

 

 五月は22日の日曜日、10時より行います。テーマは「戦争と仏教」

です。

 仏教は「慈悲」を基盤とした教えです。いかなる理由があろうとも非暴力を貫くことが求められ、殺生を厳しく戒めています。

 そして、仏教は極端な考え方をとらず、常に「中道」を歩むことを勧めています。

 したがって、たとえ「正義」のためと御旗を振っても、戦争を認めるわけにはいきません。しかし、残念ながら明治以降、第二次世界大戦が終わるまで、日本の仏教界は反戦・非戦の姿勢を保つことはできませんでした。

 

 戦争・暴力について、仏様の教えを振り返り、平和についてご一緒に考えてみましょう。

☆慈雲寺へのアクセスのご案内

 慈雲寺には十分な駐車スペースがありません。おそれいりますが、なるべく市バスをご利用ください。自動車でおいでの方は、有松インターを降りたところにある、有松ジャンボリーというショッピングモールの駐車場を利用して下さい。そこから慈雲寺へは徒歩7分ほどです。

 

 市バスはJRの南大高駅1番乗り場から「鳴海12 有松町口無池行」9時29分発があります。

 また、名鉄の有松駅からは2番乗り場から9時40分発の「有松11 有松町口無池行」があります。

 地下鉄の鳴子北駅の3番乗り場から9時26分発の有松口無池行も利用できます。

 

 いずれも「郷前」(ごうまえ)で下車してください。郷前の交差点の南東角に整骨院があります。その後ろに慈雲寺の屋根が見えます。整骨院の右手に狭い道がありますので、そこを上がってください