慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

6月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、6月16日(日)10時より行います。テーマは聖徳太子と仏教です。父の日に、日本仏教の父とも言える聖徳太子についてご一緒に学びましょう。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

どなたでも参列できる彼岸法要は9月20日10時より行います

 今年の彼岸の入りは9月20日です。菩提寺とのご縁が薄くなってしまった方、お墓が遠くてなかなかお参りに行かれない方などなど、さまざまなご事情があるとは思いますが、お彼岸はご先祖を慕い、今の私たちの穏やかな暮らしを育むとても良い機会です。

 慈雲寺は皆さんのお寺です。宗派にこだわらず、仏の教えに親しみたい方、ご先祖のご供養をしたいかた、日々の感謝をご先祖や仏さまに捧げたい方など、どなたでも歓迎いたします。いつでもお気軽にご参詣下さい。

 9月20日10時より、お彼岸の合同法要をいたします。慈雲寺にお墓のある方、慈雲寺とご縁のある方、また、これからご縁を結びたい方、どなたでもお参りくださいませ。

 ご先祖の戒名または「◎◎家先祖代々」などを書いた紙をご持参いただければ、個別に読み上げてご供養させていただきます。

 

◎慈雲寺へのアクセス

 お車でおいでの方は、国道23号線の有松インターで降りて北上してください。カーナビに慈雲寺の電話(052-621-4045)を入力してすれば探しやすいでしょう。しかし、慈雲寺には十分な駐車場がありません。できるだけ公共交通をご利用下さいませ。

 バスは、大高駅南大高駅、有松駅、鳴子北駅などから市バスが出ています。郷前(ごうまえ)というバス停で下車し、郷前の交差点まで1分ほど歩いてください。交差点南東側に接骨院があり(休業中ですが、看板は残っています)、その後ろに見える大きな屋根が慈雲寺です。接骨院の右側に細い道がありますので、そこを通ってお寺においでください。

 なお、バスの時刻表は、名古屋市交通局の時刻表をご参照下さい。https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/bus/timetable.htm