慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

10月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、10月16日(日)10時よりおこないます。テーマは「自業自得・・・『業』って何でしょう?」です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。

静かに修正会を終えて

f:id:jiunji:20210101023247j:plain

慈雲寺の境内です。



 

 除夜会と修正会を終えて、静かに新しい年を迎えました。大雪の予報が出ていたので、誰もおいでにならないのでは・・・と思っていたのですが、4名の方が参加して下さいました。

 雪も止み、思ったほど寒くもない年明けです。

 

 昨年はコロナ禍をきっかけに、世界が大きく変化した一年でした。ワクチンの接種が始まっても、状況が急激に好転するとは思えません。経済への影響も露わになってくるでしょう。しかし、生老病死は私たちがいつでも直面している「苦」の現実に他なりません。

 仏教は、その現実に、落ち着いて、勇気をもって向き合うための智慧です。何が大切なのか、何が自分を苦しめているのか、何が私を不安にしているのか・・・・穏やかで苦しみの少ない生き方をするための智慧を仏様がお示し下さっているのです。

 

 阿弥陀仏は、私たち凡夫のために、誰でもが悟りを開くための修行がごく楽にできる特別な場所、極楽を用意して下さり、一切の条件を付けずに、その浄土へ迎え取って下さいます。

 しかし、浄土での修行、菩薩としての生き方は、死んでからのことではありません。現世にいる間にも、私たちは菩薩としての修行を始めることができるのです。

 菩薩としての修行は、一言でいうと「利他に生きる」という生き方です。病に怯え、社会や家庭に不安が広がっている今こそ、「善を行い、悪を避け、他の人のためになることをさせてもらう」という生き方こそが本当の活力を生み出していくことでしょう。

 新型コロナに罹らないために、できること、すべきことがだんだん明らかになっています。三密を避ける、マスク、手洗いなどの基本をしっかり守り、免疫力を高めることが大切でしょう。

 ストレスは免疫力低下の要因の一つと言われています。自分にできることは精一杯行い、そこから先は阿弥陀仏にお任せする・・・・という念仏者の生き方こそ、本当の意味での「ストレスフリー」の暮らしにつながっていきます。

 

 心が硬くなったり、不安になったりしたときは、ご近所のお寺にお参りしてみませんか?できれば歩いて出かけて下さい。

 慈雲寺は、今年も本堂の扉を開けておきますので、いつでも阿弥陀様や弘法大師のおそばで、ゆったりした時間を過ごして下さい。

 

◎元旦から3日まで、極楽の様子を描いた「当麻曼荼羅」の御開帳をいたします。どうかお近くでゆっくりご覧になって、ご縁を結んでください。

 本堂が開いている時間はいつでもお参りいただけます。