慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

7月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、7月17日(日)10時より行います。テーマは、お盆の起源と言われている、目連尊者と地獄へ落ちてしまった彼の母親のお話です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

21日はお砂踏みでお大師さまとのご縁を深めて下さい。

f:id:jiunji:20210119170019j:plain

ネットからお借りした長野県のあるお寺のお砂踏みの様子です

 21日は弘法大師さまの御縁日。1月の御縁日は特に「初弘法」と呼ばれています。

 大師信仰の篤い知多半島の文化圏に位置する慈雲寺にも、弘法大師がお祀りされています。とても珍しい、とても若い頃のお姿です。お肌もつやつや、瞳も生き生きしている弘法さまなので、美肌でご利益があるかも?

 

 毎年の初弘法には、お砂踏みと短い法要を行っているのですが、今年は緊急事態宣言が解除されていないので、法要は延期します。しかし、お砂踏みのご用意はしておきますので、本堂が開いている時間なら、いつでもご自由にご参拝ください。

 

 お砂踏みは、四国八十八カ所それぞれの札所からいただいて来たお砂を踏んで、ミニ巡礼を体験し、お大師様とのご縁を深めようとするものです。

 コロナ禍で心に不安を抱えている方、病気の平癒を願う方など、心願のある方は、ぜひおいで下さいませ。