慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

2月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は2月25日(日)10時より行います。テーマは「法然上人が開いた浄土門とは何か」です。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

オリンピックはさておき、今夜(24日)は満月写経、明日(25日)は仏教講座です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。

f:id:jiunji:20210724085600j:plain

ローマの市営動物園の建物に描かれた装飾。なんだかローマ時代の遺跡風?

 昨夜は、家族に検査入院患者が出たので、一日中バタバタしていました。オリンピックに関しては、以前ここにも書きましたように、私はバンクーバー冬季オリンピックの時からしばらく、パラリンピック関連の通訳や添乗員などをしていたので、オリンピックには特別の感慨がありました。しかし、東京五輪が決まってからの状況には違和感いっぱい。自然にパラリンピックから離れてしまいました。

 昨夜の開会式も全く興味がなかったのですが、今朝の新聞で今上陛下の開会宣言や、バッハ会長との会見のときのおことばを読んで、今感慨を深めているところです。

 

 さて、今夜(7月24日)は満月です。

慈雲寺では、毎月満月の夜7時半からお月見を兼ねた写経の会を行っています。

 おそらく日本で一番ゆるやかな雰囲気の写経の会ですので、どなたでもお気軽にご参加いただけます。道具も全てそろっています。7時半から『般若心経』の読誦をご一緒にいたします。その後、心経の内容についても少しずつ学んでいきます。

 何時にいらしての結構ですので、ご都合の良い時間においでください。

 

また、明日は10時より「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行います。

テーマは「お盆の意義とその迎え方」です。お盆というのは仏教行事ではありますが、仏教以前からの日本人の祖霊崇拝とも色濃く関連したものです。お盆とは何なのか、何のためのものか、どうすごせば良いのか・・・どう祖先をお迎えすべきかなど、ご一緒に考えてみましょう。

 

 慈雲寺へのアクセスは慈雲寺のホームページ jiunji.weebly.com のcontactの欄をご覧ください。地図も掲載しています。