慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

7月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は7月21日(日)10時よりおこないます。テーマは「巡礼の意義と功徳」です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。

AIが最近勧めてくる動画が変?

サンチャゴ・デ・カリで出会った猫

 

中途半端に時間が余っているときやボーっとしたいときに、ユーチューブを見ます。長いものは最後まで見続ける気力を湧かせるものは少ないので、数分で終わるショートバージョンのものを見るのですが、AIが勝手に「お勧め」を出してくる。「なんで?」と思わず声に出てしまうようなセレクションが多く、なんで宗教系の解説動画とかが出てこないか不思議・・・・数か月前までは、なんとニキビの治療動画が毎回登場して、なぜこれを私が好むと算出するのか本当に不思議でした。

 最近、AIが自慢げ(?)に勧めてくるのが、小さな子供の日常を撮影したもの。家族の顔が映っているものも多く、プライバシーを全世界に晒しています。まぁ、ほほえましいものが多く、自慢したくなる気持ちはわからないでもない。先日まで、時々異様なほど言語能力の発達スピードの速い子供の動画を時々見ていました。

 しかし・・・これってどうなんだろう?親などの顔も映っているものが多いので、無邪気な「お披露目感」が強く、問題有りとは言えないでしょうが、どうかなぁ。映っている子供が成長した時にどんな反応するのかなぁ?いったんネットの世界に乗せてしまったら、ほぼ永久に消えないというのに。

 一時、年賀状に家族の写真、とりわけ子供の写真を使ったものが多かったけれど、あれって、成長した時に自分の子供の時の「ほほえましい」写真があちこちにばらまかれているのって、嫌じゃないのかなぁ?私の親はそんなことしなかった(あれが流行する前だから?)のでわからないけど。

 ユーチューブは年賀状の何倍もインパクトあるからなぁ。

 ま、気になるなら見なければ良いだけですね。AIよ、いいかげん、何か別なものを勧めてください!