慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

2月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、2月19日(日)10時より行います。テーマは「祖師たちの考える<老いと死>です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加下さい。

12月の慈雲寺行事予定

明日香で出会った三尊仏。上品な表情が印象的です。

 12月になりました。普段は悠々とした姿の先生も思わず走り回ってしまうという「師走」です。しかし、慈雲寺は住職が走りまわるような事態にはならない・・・はずなのですが、たまりにたまった事務処理や掃除など、今月は部屋の中をバタバタと行き来することになりそうです。

 さて、今月の行事予定です。

1)満月写経の会  12月8日夜7時半より

 慈雲寺では、毎月満月の夜にお月見を兼ねた写経の会を行っています。必要な道具は全て用意してあります。どなたでもお気軽にご参加下さい。

 

2)尼僧と学ぶやさしい仏教講座  12月18日10時より

  テーマ:鎌倉仏教入門 Part 1

  現在、私たちの身近にあるほとんどの寺院は、鎌倉時代に始まった宗派に属しています。日本の宗教革命といっても良いほどの大きな変化がなぜ、どのようにして起こったのか、二回に分けてお話します。

 「講座」というタイトルはついていますが、どなたにもわかりやすいお話を心がけています。どなたでもお気軽にご参加ください。

 

3)大晦日の修正会 12月31日夜11時45分より

  一年間、心に積み重なってしまった悩みや苦しみをいったん手放し、新年を心新たに迎えるための短い儀式です。宗派にかかわらず、どなたでも歓迎いたします。

 

◎慈雲寺の行事は特別な場合を除いて、全て無料です。ご先祖のご供養やお寺の維持のため、お気持ちをご喜捨いただければ有難くぞんじます。

 

★来年1月から毎月第二日曜の午後1時半より、鳴海駅前の中日文化センターで、「尼僧と学ぶやさしい仏教入門」という講座を行います(有料)。今回のテーマは「葬送儀礼と仏教」です。世界のいろいろな宗教を見渡しながら、「葬儀とは何か」、「葬儀は必要か」などの疑問を改めて考えてみましょう。ご興味のある方は、鳴海中日文化センター(℡0120-538-763)までお問合せ下さい。