慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

11月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は、11月21日10時より行います。テーマは「極楽のガイドブック、浄土三部経ってなんでしょう?」です。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にご参加ください。

5月の慈雲寺の行事のおしらせ

f:id:jiunji:20210502145713j:plain

日光の旧御用邸で見た障壁画です。

 5月になりました。湿度たっぷり蒸し暑い夏も目の前のようですが、今日はセーターが欲しいくらいに肌寒い。

 今日は弘法大師の御正当日(旧暦3月21日)なので、慈雲寺では、お大師さまの御像の御身拭いを体験していただいています。午前中には短い法要を行ったのですが、10人以上の方がお集まりくださり、お大師さまもすっかり綺麗に磨かれました。

 御身拭いと四国八十八箇所のお砂踏みは今夜8時ごろまでお参りいただけます。どうぞごゆっくりお大師様とのご縁を深めてくださいませ。

 

さて、5月の慈雲寺での行事のお知らせです。

◎5月23日(日)10時より 尼僧と学ぶやさしい仏教講座

 テーマは「埋葬されることの意味とお墓」

  最近は「散骨」のように遺骨を「埋葬しない」方も増えてきています。遺骨に対する考え方の変化、埋葬という習慣の歴史とその意義、そしてこれからの「お墓」について改めてご一緒に考えてみましょう。

 

◎5月27日(木)夜7時半より 満月写経の会

 慈雲寺では、毎月の満月の夜にお月見を兼ねた写経の会を行っています。必要な道具は全て揃っていますので、どなたでもお気軽にご参加ください。

 7時半から、ご一緒に『般若心経』を読誦し、その内容についても毎月少しずつ学んでいきます。7時半より前においでになって、ゆっくり写経を始めてもよろしいですし、7時半に間に合わなくても大丈夫。途中の出入りも自由です。