慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

愛知県では緊急事態宣言が延長されましたので、残念ながら慈雲寺で行う予定だった「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」は中止いたします。なお、お彼岸中の「當麻曼荼羅御開帳」や「満月写経の会」は予定通り行います。

緊急事態宣言への慈雲寺の対応について

f:id:jiunji:20210114212255j:plain

法師温泉の雪景色

遅すぎるという声もあるようですが、愛知県にも緊急事態宣言が発令されました。

 慈雲寺は、隙間風ぴゅーぴゅーですし、本堂の扉もいつも大きく開けていますから、年末年始の行事は全て通常通り行っていました。三が日から現在まで、毎日少しずつ参拝の方がお見えになっているようです。

 

 さて、現在の慈雲寺の環境では、三密の心配はないし、消毒もこまめに行っていますが・・・お参りにおいでになる方は、遠方から電車やバスを利用される方も多いので、苦渋の決断ですが、今月の行事は全て中止いたします。

◎21日の初弘法は、10時からのお勤めは中止しますが、四国八十八カ所のお砂踏みの用意はしておきますので、朝から夜8時頃まで本堂を開けておきますので、いつでも都合のよろしい時間にお参りください。

 

◎24日の「尼僧学ぶやさしい仏教講座」は中止します。来月下旬に緊急事態宣言が解除されれば再開いたしますので、ブログでお知らせいたさいます。

 

◎29日の満月写経の会は中止します。これも、緊急事態宣言が解除され次第再開します。

 

◎土曜と日曜の英会話早起き会は当分お休みとします。再開の時期についてはブログでお知らせいたします。

 

 行事は中断していますが、本堂はいつでも開けています。こんな時こそ、静かに阿弥陀様や弘法大師さまと向き合って、心の不安を解決する智慧と勇気をいただいて下さい。

 庫裏にもぜひお立ち寄りください。扉を開け放っておきますので、三密にならないようにしながら、暖かいお茶はいかがですか?

 皆さまに直接お会いできる日を楽しみにいたしております。

 慈雲寺は皆さんのお寺です。どのようなご相談にも対応させていただきますので、ぜひお気軽にお声がけください。℡052-621-4045