慈雲寺新米庵主のおろおろ日記

5月の「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」5月26日10時より行います。テーマは「御祈祷、お守り、お札とは何か」です。どなたでも歓迎いたします。お気軽にご参加ください。

鳴海駅前の中日文化センターでの講義

 慈雲寺では、毎月「尼僧と学ぶやさしい仏教講座」を行っています。こちらの講座では、身近な話題を取り上げて「仏教のものの考え方、見方」をわかりやすくお話するように心がけています。

 しかし、仏教をもう少し系統だって学んでみたいというご希望があったので、少し長い時間をかけて一つのテーマに沿ったお話をする場が欲しいと思っていました。そんなとき、中日新聞の文化センターで講義をしてみないかというお話をいただいたので、2年前から鳴海の駅前にある、鳴海中日文化センターでお話をさせていただいています。

 毎月第二日曜の午後1時半から90分の講義です。

 今月から春期講座がはじまります。テーマは「穏やかに強く生きる仏教の智慧」です。
 
 仏教は、苦しみ多いこの世をしなやかで折れない心をもって生きるための智慧です。優しさに満ちた釈迦の言葉から、怒りや嫉み、悩みを手放していく<コツ>をご一緒に学びたいと思います。 
 

4月 仏教が目指している「穏やかで折れない心」の暮らし 
5月 幸福を壊す最悪の毒「怒り」についての釈迦の教え 
6月 「悩み」「苦しみ」を手放していく智慧 

 興味のおありの方は、鳴海中日文化センター(電話052-629-4611)までお問合せください。